たいめいけんシェフが伝授!あの名物「オムライス」を自宅で再現するコツ

誰もが知る老舗洋食店「たいめいけん」の名物であるオムライスとコールスローを再現するポイントをご紹介します!シンプルだからこそこだわりたいこの2品。行列に並ばずとも老舗の味を自宅で楽しめるので、ぜひ作ってみてくださいね!

「たいめいけん」の味を自宅で再現!

この記事は、豊かなフードライフを演出するWEBメディア「dressing」の提供でお送りします。
平日休日問わず、お昼時には常に行列ができているほど大盛況の『たいめいけん』は昭和6年(1931年)創業。そんな老舗洋食店で料理長を務め、テレビや雑誌でもおなじみの茂手木浩司シェフに家庭でも作れる『たいめいけん』の看板メニューレシピを教えていただいた。

今回教えていただいたのは、数あるメニューの中でも熱狂的なファンを持つ名物「オムライス」と、同じく支持率の高い名脇役「コールスローサラダ」。

シンプルだからこそこだわりたいこの2品を作れれば、行列に並ばずとも老舗の味を楽しめる。

フワッフワの卵がケチャップライスを優しく包み込む、あの名物オムライスを自宅で!

茂手木シェフにご紹介いただいた一品目は、看板メニューである「オムライス」。誰もが親しみを感じる、洋食メニューの定番のひとつだ。
名店の味を再現するコツは、ご飯を加える前にケチャップを材料と一緒に炒めて酸味を飛ばすこと。そうすることで角の立たない優しいケチャップライスになる。

また、炒めたご飯を卵にのせる際にはご飯をほぐしながら入れるところがポイント。ほぐさずに入れるとご飯の形に偏りができ、オムライスの形を崩す原因となってしまうので、この一手間を忘れないようにしたい。

フライパンの柄をトントンとたたきながら卵を回してご飯にかぶせる作業は練習あるのみ! 使い慣れたフライパンで挑戦しよう。

名物コールスローのレシピの秘密は、ピリ辛の「粉カラシ」にあった!

『たいめいけん』にはオムライス以外にも人気のメニューが複数あり、次にご紹介するコールスローサラダもそのひとつ。
サイドオーダーメニューでありながら、堂々とした存在感を放っているこのサラダ。お値段は開業当時のままの50円で提供しているので、お店に行くときは必ずオーダーするという方も多いのでは?

お店さながらのしっかり味に仕上げるコツは、調味料の味が薄まらないよう、野菜の水気を充分に取っておくこと。味付けに使用するカラシも、水気のない粉カラシを使うようにしたい。辛みがほしくない場合は入れなくてもよいので、お好みでアレンジしてみて。

まだまだあります!有名店シェフ直伝のとっておきレシピはこちら

提供元:
▼こんな再現レシピもありますよ!

特集

SPECIAL CONTENTS