7. 食べごたえあり。ちゃんぽん麺のパッタイ

中華麺よりも太いちゃんぽん麺で作るパッタイは、ボリューム満点。見た目にインパクトがあります。麺が太いぶん伸びにくいので、パーティーやおもてなし料理にも使えますよ。市販のパッタイソースを使うと、味付けが楽ちん。具材をバランスよく盛り付ければ、豪華な見た目に仕上がります。

8. つるつるっと食べられる。しらたきのパッタイ

Photo by macaroni

しらたきを使うパッタイは、主食でもおかずとしても食べられます。しらたきは、あく抜きをしてから使ってくださいね。酸味に梅肉と酢を使うと、本格的な味わいに近づきますよ。つるつるっと食べられるのに、重たくないのもよいところ。具だくさんで、満足感のあるひと皿です。

9. 旨味が染み込む。スパゲッティのパッタイ

スパゲッティで作る、パッタイのアレンジレシピ。干しえびと鶏肉を煮て煮汁に旨味を移し、スパゲッティに吸わせるのがおいしさのポイントです。味付けはそれほど濃くありませんが、しっかりと味が染みていますよ。噛みごたえもあり、ビールが飲みたくなるひと品。

10. 弾力がおいしい♪ 春雨のパッタイ

春雨で作るパッタイは、「パットウンセン」と呼ばれます。米麺や小麦粉の麵とはまた違う、つるんとした食感がクセになる味わい。レシピではにんじんや小口ねぎで彩りよく仕上げますが、お好みの野菜や家にあるもので応用できますよ。野菜がたっぷり食べられるのもうれしいですね。

まるで本場の本格派!パッタイのレシピ4選

11. 本場の食材と調味料で作る!本格パッタイ

タイの米粉で作られるビーフン「センレック」を使用する本格派のパッタイです。ナンプラーやシーズニングソースなどの調味料を入れることで、より本場の味に近づきます。辛味、酸味、甘みの合わさった味を堪能しましょう。

12. ナンプラーなし。コク旨パッタイ

オイスターソースとしょうゆを代用するナンプラーなしのレシピです。麺は米粉麺ではなく焼きそば麺を使用。調味料から食材まで家にあるもので作りやすいのが嬉しい点です。プリプリのむきえびは食感のアクセントになります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ