10. ごま油を回しかけて炒めたら完成!

Photo by uli04_29

ごま油をごはん全体に回しかけ、強火でさっと炒め合わせたら完成です。

高菜チャーハンを作るコツ

高菜漬けの塩加減を調整する

高菜漬けはメーカーによって塩分の強さが違うので、調理する前に味見をして塩加減を確認しましょう。塩分が強い場合は、水で洗って軽く塩抜きをしてから使用。塩加減がちょうどよければ、そのまま刻んでチャーハンの具として使います。

高菜漬けにしっかり塩分があり、最後に醤油も加えるので、味付けのために加える塩こしょうは少量で十分です。

高菜漬けはみじん切りにする

高菜漬けをチャーハンの具材にするときは、みじん切りにカットするのがベストです。みじん切りにすることで、高菜の旨味がごはん全体に行きわたり、おいしいチャーハンができますよ。

パラパラにするポイント

ごはんとサラダ油、卵をあらかじめボウルで混ぜておいてください。お米ひと粒ずつに、油と卵でコーティングしておくことで、プロが作るようなパラパラのチャーハンに仕上がります。

卵は白身と黄身を菜箸で切るように混ぜ合わせ、よく溶きほぐしてから、ごはんに加えるがポイントです。ごはんと卵を混ぜ合わせるときは、あまり時間をかけずに短時間でさっと混ぜます。混ぜすぎるとごはんに粘りが出てきて、パラパラになりにくいので注意してください。

ごま油で風味よく仕上げる

最後の仕上げにごま油を加えることで、香ばしくてコクのあるチャーハンができます。ごま油の香りが食欲をそそるうえに、おいしさも一段とアップ。ごま油と相性のいい白ごまを加えてもいいですね♪

高菜チャーハンの人気アレンジレシピ5選

1. ピリ辛でおいしい!高菜と明太子のチャーハン

高菜漬けと相性抜群な明太子を入れて作る、チャーハンのレシピです。溶き卵にほぐした明太子を加えてごはんと混ぜているので、明太子の旨味がまんべんなくチャーハンに行きわたります。

高菜と明太子の旨味をしっかり味わえるチャーハンで、食べだすと止まらないおいしさ♪ 仕上げにトッピングする刻み海苔の風味が、いいアクセントになりますよ。

編集部のおすすめ