わさびにソックリ!ホースラディッシュの正体やレシピを徹底解説します

ホースラディッシュという食材を聞いたことはありますか?これは「西洋わさび」「山わさび」と言われているわさびの一種です。今回は、そんなホースラディッシュの産地、緑色のワサビとの違いから使用したレシピまで掘り下げてご紹介します!

2019年11月5日 更新

1. ローストビーフ丼

ホースラディッシュには欠かせないローストビーフ丼です。玉ねぎとにんにくを合わせた甘辛いソースに、とろける温泉卵、そこへホースラディッシュを持ってくることで、全体にまとまりが生まれ味が引き締まります。いつものローストビーフ丼もちょっぴり上品な味わいになりますよ。ホームパーティーやお給料日直後で少し贅沢をしたい時におすすめです。

2. 鰹の生春巻き ホースラディッシュソース添え

鰹のたたきやお刺身を買ってきて、レタスやクリームチーズを入れ、生春巻きを巻きホースラディッシュのすりおろしを添えたらできあがり。おもてなしの前菜で作るとオシャレでセンスがいいと言われルカも!お酒のお供にもピリッとした辛みが合いますよね。鰹のおいしい時期などにぜひお試しくださいね♩

3. アボカドとキヌアとしらすのホースラディッシュオイル和え

クリーミーなアボカドとぷちぷち食感が楽しいキヌアを使用したオードブルです。濃厚な味わいのアボカドにしらすの程良い塩味、そしてホースラディッシュの爽やかな風味が味を引き締めてくれています。オリーブオイルとレモン汁を加えてさわやかに。そのままでもおいしくいただけますが、クラッカーやバゲットにのせていただくのもおすすめ!SNS映えも狙え、ホームパーティーにおすすめのレシピです。

わさびの代わりに使ってみよう!

西洋料理のみと思われがちなホースラディッシュですが、和食にも合う万能調味料であることが分かりました。北海道ではホースラディッシュに醤油をかけてご飯に乗せたり、卵かけご飯の薬味として食べたりされているのだとか。おにぎりの具であるシーチキンにホースラディッシュソースを和えるのもいいアイデアかもしれませんね!

今回ご紹介したレシピを参考に、いつものわさびをホースラディッシュに切り替え、ちょっぴりオシャレな食卓を演出してみてください♩
▼わさびの代わりにホースラディッシュを使ってみては?
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう