11. とろとろ卵とトマトのおかゆ

とろとろの卵と酸味が効いた爽やかなトマトが絶妙なレシピです。おじやとトマトという意外な組合せですが、これが意外と合う!ポイントは初めに入れるお水を吸収しやすいため、水道水ではなくミネラルウォーターを使うこと。味がよく染み込み、旨みが凝縮されます。卵は固くならないようふんわり仕上げましょう。

12. シンプルな旨味♪鴨だしおかゆ

鴨肉とだし醤油、みりんで仕上げたシンプルなおじやです。ポイントは圧力鍋にセットして強火にし、圧力がかかり始めたら火を消すこと。こうすることで生米からおじやができあがります。圧力鍋を使うことで大幅に調理時間を短縮できますよ。食欲がない時の朝ごはんや胃を休めたい時におすすめです。

13. さっぱり美味!あんかけもずくおかゆ

もずくと三つ葉というシンプルな具材に、鶏ガラベースの出汁で作ったあんをかけた上品な一品です。食欲がない時でも食べやすく、生姜が全体の旨みを引き出しています。夜食はもちろん、晩酌時の締めとしてもおすすめ!あんにすることでからだの芯からポカポカと温まります。生姜の代わりにわさびを用いてもよいですよ。

14. 韓国流!サムゲタン風おかゆ

手羽元や野菜をじっくりコトコトと煮込んだサムゲタン風のおじやです。生姜やにんにくをきかせた味わいは、食欲のなくなりがちな季節でもおいしくいただけます。サムゲタンは韓国の人気料理で、女性に大人気!からだが温まり、野菜やお肉もバランスよくいただけます。コラーゲンたっぷりのサムゲタン風おじや、一度お試しください。

15. まるでスイーツ!ココナッツミルクおかゆ

ココナッツミルクを効かせたスイーツ感覚のおじやです。ココナッツミルクとさつまいもの甘みにほんのり生姜が効いており、女性好みのエスニックな味付けです。ポイントは30分ほど弱火でことこと煮込むこと。仕上げにサッとかけた醤油が全体の味を引きしめ、まとまりのある一品になっています。

小腹が空いたらおじやを食べよう♪

今回はさまざまなおじやのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?冷やご飯と冷蔵庫にある食材で簡単に作ることができるので、家計の助けにもなりますよね。 消化がよく胃に優しいおじやは、夜食にも最適。お子様の夜食や飲み会が続いたあとにも大活躍すること間違いなしですよ!からだの内側から温まり、満足感も得られるおじやレシピ。ぜひ今後の参考にしてみてくださいね。
▼他にもある!ご飯を使ったレシピを作ってみよう

特集

FEATURE CONTENTS