連載

全部おいしい♩ロッテリア「雪見だいふくプチバーガー」は大人買い推奨の幸せ味

ロッテリアとロッテがまさかのコラボ!雪見だいふくを使ったプチバーガーが誕生しました。発売前から話題になっていましたが、いったいどんなスイーツなのか……。気になりすぎるその味わいを、実食レビューで詳しくご紹介します。

2017年9月2日 更新

ロッテリア「雪見だいふくプチバーガー」発売!

「雪見だいふくスイーツ」4品!

Photo by macaroni

2017年8月31日(木)、ロッテリアに「雪見だいふく」を使ったスイーツが登場!情報解禁直後から「まさかのコラボ」と話題になっていた商品ですが、発売以降SNSはお祭り騒ぎに!「食べた!」「おいしかった♩」という報告が続々と投稿されています。
今回は、この話題のスイーツを実食レビューでご紹介!雪見だいふくを使ったプチバーガーというキワモノ的なアイデアがいったいどれだけの味わいを生み出したのか……楽しみです♩

意外と小ぶり?バンズは直径約6cm

ロッテリア店頭に置かれた看板。

Photo by macaroni

というわけで、さっそく編集部から一番近い場所にあるロッテリアへ。店頭に置かれた看板には、ややひかえめな大きさで「雪見だいふくプチバーガー」の商品写真が。
「雪見だいふくプチバーガー」は、「あずき」「いちごあずき」「チーズ」「みたらし」の4種類。まとめて注文して、カウンターで待つこと10分、ようやく出てきた待望の品は、商品名の「プチ」が示すとおり、ふつうのハンバーガーよりやや小ぶりでした。
雪見だいふくスイーツ(いちごあずき)を実食。

Photo by macaroni

バンズの直径は6cmほどで、いわゆる手のひら大。一つひとつが真っ赤なバーガーラップに包まれていて、見た目もかわいい仕上がりです。

「雪見だいふくプチバーガー」を実食

雪見だいふくプチバーガー(あずき)

雪見だいふくスイーツ(あずき)

Photo by macaroni

北海道産小豆と一緒に雪見だいふくをバンズではさんだ「雪見だいふくプチバーガー(あずき)」。まずはこれからいただきます。
バンズはほのかに温かく、内側にはこんなにしっかり焼き色が。間の雪見だいふく、かなりやわらかくなっていたんですが、パンの熱が伝わったせいなのか、そもそもこの固さに仕上げているのか、ちょっと判断つきません。
雪見だいふくスイーツ(あずき)を実食。

Photo by macaorni

ガブッとかじると、まずはバンズの食感にひと驚き。外はふわふわで内側はカリッとした絶妙な焼き加減です。薄いおもちと一緒に食べると食感が増して、さらにいい感じ。

雪見だいふくが溶けかけていることで、むしろ風味が増しています。温まることでアイスのミルク感が強まって、小豆の風味と深く混ざり合うんですね。口に広がるふくよかな甘みに、なにやら幸せ気持ちに♩

それにしても、まさかバーガーになってもおいしいとは……。雪見だいふくはねとめしの材料として使われることも多いですが、さすがの万能ぶりですね。

雪見だいふくプチバーガー(いちごあずき)

雪見だいふくスイーツ(いちごあずき)。

Photo by macaroni

「雪見だいふくプチバーガー(いちごあずき)」は、「雪見だいふくプチバーガー(あずき)」にいちごを加えたスイーツ。
雪見だいふくスイーツ(いちごあずき)の中にはいちごのコンポート?が。

Photo by macaroni

いちごの果実をただ混ぜているのかと思ったら、どうやらそうではないみたいです。このいちご、コンポートかコンフィチュールのように甘みが強く、雪見だいふくのミルク感、北海道産小豆の強い風味にかけらも負けていません。
いちごと小豆、いちごとアイスの相性は語るまでもないですよね!いちごならではの甘さと酸味が加わることで、より複雑であと引く味わいになっているという印象。あずきだけもいいけれど、いちごあずき、めっちゃおいしい!

雪見だいふくプチバーガー(チーズ)

雪見だいふくスイーツ(チーズ)。

Photo by macaroni

このフレーバーの存在を知った時、頭に浮かんだのは「雪見だいふくチーズトースト」。
雪見だいふくとチーズが好相性だってことはあの有名ねとめしが証明しているので、レッドチェダーチーズとゴーダチーズを雪見だいふくにのせてサンドしたこのフレーバーも間違いなくおいしいはず!
雪見だいふくスイーツ(チーズ)を実食。

Photo by macaroni

大きな期待感をもってかぶりつくと、おもちからアイスがあふれてふたつのチーズと混ざり合います。口の中で感じるのは、雪見だいふくのあの風味。チーズはどこ?とさぐりながら味わっていると、後からやってきました、チェダーとゴーダの塩気とコクのある味わい。
もっとガツン!とくるチーズ味をイメージしていたのでちょっと肩透かしをされた気分になりましたが、これはこれで悪くありません。雪見だいふくだけならまずありえない強い旨味を楽しんでいるうちに、あっという間に食べきってしまいました。

雪見だいふくプチバーガー(みたらし)

雪見だいふくスイーツ(みたらし)を実食。

Photo by macaroni

最後に食べたのは「雪見だいふくプチバーガー(みたらし)」。バンズにサンドされているのは、雪見だいふくとみたらしソース、薄切りのアーモンドです。
雪見だいふくスイーツ(みたらし)のみたらし。

Photo by macaroni

みたらしソースはねっとりとしていて、しょう油の風味はやや強め。アーモンドは強めにローストされていて、香ばしいだけでなくパリッとした食感がアクセントになっています。

食べ始めた時は、塩気の強いみたらしソースが雪見だいふくと馴染まないように感じられましたが、アーモンドの食感のよさを楽しんでいるうちに慣れてきて、これもありかも?という気持ちに。食べる人を選ぶかもしれませんが、クセになる味わい……。一度気に入ってしまったら何度もリピートしてしまいそうです。

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう