餃子の基本&人気レシピ5選。皮はカリッと中はジューシーに♪

この記事では餃子の基本レシいを画像付きで詳しくご紹介します。作り方は簡単なのに、意外と焼きときに失敗が多い餃子。どのタイミングで水を入れるのかなどまとめてみました。またキャベツではなく白菜を使うときのコツも、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

2019年6月15日 更新

餃子の人気レシピ5選

1. 包まず簡単!「たっぷりもやしのシャキシャキ棒餃子」

深緑の皿と白い皿に盛られた、たっぷりもやしのシャキシャキ棒餃子

Photo by macaroni

包まないので時短でできる、棒餃子のレシピです。肉だねにはたっぷりもやしが入っているのでシャキシャキ食感。大葉の風味も食欲をそそります。見た目がキレイなことも魅力です。好みのタレでいただきましょう♪

2. 卵焼き器で楽チン!「ピリ辛味噌ダレの青じそ角餃子」

正方形の皿に盛られた、ピリ辛味噌ダレの青じそ角餃子

Photo by macaroni

こんな方法が!と目からうろこの作り方。卵焼き器を使うレシピです。卵焼き器に皮、たね、皮と重ねて焼くだけ。蒸し焼きにするため中までしっかり火が通り、ジューシーに仕上がります。ピリ辛味噌ダレなのでお酒とも合いそうです。

3. ニラなし!青じそ風味の「さんま缶の羽根つき餃子」

黒い丸皿に盛られた、さんま缶の羽根つき餃子

Photo by macaroni

たねにさんまの蒲焼き缶を使う、羽つき青しそ餃子です。少なめの材料でできるため、たね作りも簡単。キャベツのシャキシャキ食感もしっかり楽しめます。タレがなくてもおいしくいただけるので、お弁当にも活躍してくれますよ。

4. 白菜とニラの旨辛ゴマ!「よだれ水餃子」

白と藍色の市松模様の皿に盛られた、よだれ水餃子

Photo by macaroni

もっちもちの食感を楽しめるよだれ水餃子です。豚肉と白菜、ニラで作った王道の餃子に合わせるのは、ピリ辛のゴマだれ。餃子を包む時、皮の両端を丸めるのでたれがしっかり絡みます♪ 食べ過ぎ注意のレシピです。
7 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

調理師 製菓衛生師 kii

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう