備食なのに美食すぎ!? 「賛否両論」監修「東京備食」がリッチすぎて密かに話題

9月1日は「防災の日」。家庭の備蓄を見直してみませんか?「賛否両論」の笠原シェフが監修した「東京備食」が「美食すぎる!」とひそかに注目を集めているので、実食レビューでご紹介します。備蓄デビューにぴったりな工夫でいっぱいなんですよ!

2017年12月5日 更新

「賛否両論」監修の備蓄食「東京備食」が豪華すぎる

「賛否両論」監修の備蓄食「東京備食」が豪華すぎる

Photo by macaroni

一汁三菜そろったバランスのいい食事!こちらのお料理、一見普通の献立に見えますが、ある秘密が隠されているんですよ。なんと、全て缶詰やパウチから取り出した備蓄食なんです!予約が取れないことで有名な人気店「賛否両論」の笠原シェフが監修している「東京備食」。贅沢すぎる備蓄食として、ひそかに注目を集めています。

実際に食べてみましたので、備蓄に便利なポイントや味わいをご紹介します。9月1日は「防災の日」。おうちの備蓄を見直してみませんか?

真っ赤なブックタイプの「東京備食」

真っ赤なブックタイプの「東京備食」

Photo by macaroni

本棚にすっと収まる真っ赤な本。辞書か図鑑か……と思いきや、これが「東京備食」なんです!備蓄食は普段使わないので、押入れの奥にしまってしまいがちですが、こんなにスタイリッシュなデザインなら、本棚に収納しておきたいですね。
真っ赤なブックタイプの「東京備食」

Photo by macaroni

ボックスに収まったみっつの箱には「01」「02」「03」とナンバリングされています。この箱ひとつに1食分の備蓄食が入っているんです。よ〜く見ると、うなぎやエビ、ぶたなどのアイコンが入っているのがわかります。
真っ赤なブックタイプの「東京備食」

Photo by macaroni

500mlペットボトルと並べてみると……けっこう大きい!抱きかかえるとずっしり重たいです。
真っ赤なブックタイプの「東京備食」

Photo by macaroni

箱を取り出してみました!それぞれ、完成イメージの写真がプリントされています。どのお料理も洗練されたヴィジュアルで、備蓄食とは思えない美しさ!

「東京備食」を食べてみた!

「東京備食」を食べてみた!

Photo by macaroni

今回は、「01」のメニューを実際に食べてみたいと思います!箱を開けてみると、白ご飯、主菜、副菜、スープ、デザートの箱がぴったり収まっています。お皿を真上から見た写真が入っていてわかりやすい!そしておしゃれ!味への期待が膨らみます。
「東京備食」を食べてみた!

Photo by macaroni

おかずのボックスの裏を見てみると、料理についての紹介文が載っていました。この箱の中に缶詰やレトルトのパウチが入っているんですね。それでは缶を開けて、ひとつずつ味をご紹介したいと思います!

うなぎのかば焼

うなぎのかば焼

Photo by macaroni

トップバッターは、メインディッシュの「うなぎのかば焼」!甘辛いタレがとろ〜り絡んだ、うなぎのかば焼がたっぷり55g(固形量)も入っています!口へ運ぶと……舌の上でほろほろほぐれていきます♩身の裏側の皮がトロ〜リとろける、リッチな味わい。

山椒がピリリときいてアクセントになっています。缶詰のためか、身はきゅっと引き締まっていて、かば焼というよりは煮付けのような味わい。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

でぐでぐ

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう