落花生の保存方法

生の場合

生の落花生に泥が付いて水洗いをした場合は、天日干しをして乾燥させてから保存をしましょう。冷蔵庫に入れれば、長くて1週間ほどは保存可能。保存用のチルドパックなどに入れて、空気が触れないように野菜室などで保管をしてください。 その際、ひとつの袋に大量に入れるのではなく、平らにして落花生同士が重なり合わないよう小分けして入れましょう。

ゆでた場合

ゆでた落花生は、冷蔵保存をしてしまうとネバリが出てしまうので、冷凍保温をしましょう。小分けにしておくと、使う分だけ解凍できるので便利ですよ。冷凍は、10日~2週間くらいの保存が限度です。 使う場合は、常温に戻すよりもレンチンすると便利ですよ。ゆであがった落花生は水気をしっかり切ると、保存できる期間も長くなります。

炒った場合

落花生を炒った場合は、瓶詰にして乾燥材を入れておくと1週間くらいおいしく食べることができます。炒ったものは冷凍保温も可能ですが、解凍すると水っぽくなったりするので、そのまま食べずにサラダや料理の炒め物に使いましょう。

生落花生をおいしく食べよう!

ゆでたり炒ったりした落花生をそのまま食べても、ピーナッツバターのようにペースト状にして食べても、ひと手間かけた生の落花生は、スーパーのおつまみコーナーなどで購入したものとはおいしさが違います。

落花生はいろいろな食材と相性がいいので、炒め物や和え物として活用できます。生の落花生を見つけたら、ぜひ旬のおいしさを味わってみてくださいね。
▼こちらの落花生レシピもいかが?
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ