ホットプレートでもフライパンでも◎

今回はホットプレートで作りましたが、もんじゃ焼きはフライパンでも作ることができるんですよ。 休日はホットプレートでゆっくりと、普段の日ならフライパンでパパッと作るのもいいですね。野菜嫌いさんも喜んで食べてそうなヘルシーメニュー、ひとりごはんにも最適です。

フライパンでの作り方

フライパンでも基本的にはホットプレートと同じ作り方ですが、生地を薄く広げるので大きめのフライパンを使うのがおすすめです。具材を炒めてドーナツ型に整え、生地を流し入れ煮立ってから混ぜ合わせて広げ、焦げる手前で火から下して完成です。

トッピングでアレンジ!人気の具材7選

1. 明太子

もんじゃ焼きのトッピングの定番ともいえる人気具材が「明太子」です。ピリ辛の明太子がトロトロの生地にからむと、味のインパクトが倍増!明太子×チーズ、明太子×お餅の組み合わせもGood。ほどよい辛さとコクや食べごたえが人気です。

2. ベビースターラーメン

もんじゃ好きにはおなじみのトッピング、「ベビースターラーメン」です。こちらは、焼き上がった最後の仕上げにパラパラとトッピングするのがポイント。ベビースターの味と、サクサクの食感がアクセントになります。大人は懐かしく、子供は大喜びのトッピングです。

3. チーズ

チーズも、もんじゃのトッピングに欠かせない具材です。熱々にとろけたチーズがからんだ生地は、クリーミーでコクと旨味がたっぷりに。おこげが一段と香ばしくパリパリになるのもチーズの魅力です。生地にカレー粉を混ぜた、チーズ×カレーも絶品♩

4. キムチ

ピリ辛のキムチも、もんじゃ焼きで人気のトッピング。白菜の歯ごたえと発酵食品のコクで、ビールによく合うもんじゃ焼きに仕上がります。食べごたえ抜群のキムチ×豚肉、キムチ×チーズの組み合わせもおすすめです。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS