ライター : yukiuki

結婚を機に料理に目覚め、主人と三人の子供のご飯を作る日々です。美容関係の職についていたこともあり、健康と美容を意識した情報を発信したいと思っています。

クスッと笑える目玉焼きアート♩

毎朝、なにげなく食べる目玉焼き。ちょっとワクワクするような仕掛けがあったら、楽しいと思いませんか?そんなあなたにおすすめしたいのが「目玉焼きアート」です。あるインスタグラマーさんの“くすっと笑える”目玉焼きアートがきっかけとなって、いまブームを起こしているようなのです! 「手の凝ったことはできないけれど……試してみたい!」と思うに違いありません♩それではさっそくそのアイデアをご紹介していきましょう!

おさよさん(@o.sayo.i)の作品がすごい!

今回ご紹介する目玉焼きアートを作られているのは、雑誌『サンキュ!』の専属読者モデルでトップブロガーのおさよさん(@o.sayo.i)です。おさよさんは「目玉焼きアートで笑顔に☆」とかわいいものからシュールなものまでいろいろな目玉焼きアートを楽しまれています。
目玉焼きアートを始められたきっかけは、なんと失敗からだそう。失敗した目玉焼きをリカバリーしてみると、ご家族から大好評だったことで目玉焼きアートを始められたそうです。

ダジャレもポイント!目玉焼きアート10選

1. 体操おじさん

ミヨーンと伸びてしまった白身をおじさんの腕に例えたアート♩ちょうど黄身が顔になっていていますね……すごい。 そしてこのアートは「一、二!一、二!“体操”は“たいそう”疲れるの〜!“妖怪体操”すると体が“八日痛いそう”じゃ〜。」というメッセージとともに投稿されています。そう、何を隠そうおさよさんはダジャレがお好きなのです!

2. 恋にやぶれた落ち武者

「『俺に“落ち”ない女がいるとは…』と負け戦に“ムシャ”クシャする落ち“武者”ダジャレから作られた落ち武者の目玉焼きアート」というメッセージとともに投稿されたアート。このダジャレクオリティはすごい…!シュールでくすっと笑えますね♩

3. ぶたさん蚊取り線香

「“蚊取り”線香には“蚊とり”あえず近付く。。。“センコウ”の思うツボだぜ( ̄▽ ̄)」と、おさよさん得意のダジャレとともに豚さんがこんにちは!黄身部分の丸みをうまく利用していますね♩ 目玉焼きを見ているとアイデアが沸く、というおさよさん。もう頭が上がりません…。

4. 目パッチリ!ニワトリさん

はい、こちらも「“にわとり”さん達、うちの“庭通り”〜!」というゴキゲンなメッセージとともに投稿されたアート。もはや目玉焼きアートに加えて、ダジャレが楽しみでフォローしている方もいるのでは…? ちょっぴり崩れてしまった黄身をつかってニワトリさんが完成!たまご料理の日に合わせて作られた目玉焼きアートだそうです。不思議な表情がシュールさを演出していますね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ