連載

豆板醤で作る!「セロリの即席キムチ」は思い立ったらすぐできちゃう♩

夏はピリッと刺激的なものが食べたくなりますね。今回は、さわやかな食感のセロリを使ったピリ辛おつまみです。キムチの素を使わず豆板醤を使い、浸けこむ時間を短縮しました。思い立った時にすぐに作れるおつまみです♩

2017年8月14日 更新

豆板醤を使ってセロリをキムチ味に♩

暑い日は、体のほてりをとってくれる野菜が食べたくなるもの。なかでもセロリはみずみずしく、そのシャキシャキとした食感がいいですよね。ピリ辛なキムチ味にして、お酒の進むひと品にしました。

本格的なキムチは、発酵をしたり味馴染みを待ったりと時間がかかります。そんなキムチを、時間をかけずにささっと作れちゃう方法をご紹介!今回は、豆板醤で作るセロリの即席キムチです。豆板醤で手軽に辛さとコクが出て、軽く揉み込むだけでおいしいキムチの味になりますよ。

キムチの素を買うほど大量に作りたいわけではないけど、おつまみ用に少しだけ作りたい人にはオススメ。豆板醤は麻婆豆腐やエビチリ、中華系の辛味に何でも使えるので常備しておいて損はありませんよ。

「セロリの即席キムチ」の作り方

分量(2人分)

セロリ 1本
A 豆板醤 小さじ1/2
A 中華調味料 小さじ1/4
A 蜂蜜 小さじ1/4
A にんにく 1片
A 塩 ひとつまみ

作り方

①セロリは葉の部分を切り落とし、外側をピーラーで剥く。
②1〜1.5cmほどの厚さに斜め切りする。
③Aを混ぜ合わせて、キムチペーストを作る。
④ビニール袋にキムチペースト、セロリを入れて外から揉む。
セロリ全体に味が馴染むように、まんべんなく揉み込みましょう。

お皿に盛り付けて、完成!

揉み込んですぐに、食べることができます。数分でできてしまうので、晩酌を始めたあとに「もうひと品ほしいな」と思った時にもオススメのレシピ。豆板醤が、おつまみ向きのキレのいい味に仕上げてくれます。それだけでは辛味が強いので、少量のはちみつを加えると味のバランスがよくなりますよ。

セロリは生の状態のシャキシャキ感がいいので、浸ける時間は短くても大丈夫です。練状のペーストに混ぜ込むので、時間が経っても食感を損なわずに食べられます。すぐに食べない場合は、冷蔵庫で寝かせておきましょう。よく冷えたビールや焼酎とあわせてどうぞ。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう