クリームだけじゃない!ビーフストロガノフのアレンジレシピ

デミグラスソースのコク旨ビーフストロガノフ

市販のデミグラスソースを使ったビーフストロガノフのレシピです。ケチャップや赤ワインなども加えることでコクのある奥深い味わいに仕上がっています。フライパンひとつで作れますから、ひとり暮らしの方のディナーにもぴったり。

トマト缶で作る爽やかビーフストロガノフ

こちらは、トマト缶で作る爽やかなビーフストロガノフのレシピ。サワークリームの代わりにヨーグルトを使い、手軽に作れるのも魅力ですね。酸味の少ない味わいなので、お子さんも食べやすい味わい。夏のディナーやブランチにいかがですか?

ビーフストロガノフにおすすめの献立レシピ

【副菜】しっとりなめらか「マッシュポテト」

Photo by macaroni

ビーフストロガノフはじゃがいもと相性の良いお料理。副菜にもなめらかなマッシュポテトを組み合わせてみませんか?牛乳とバターのまろやかな味わいがやさしく、ほっとする味です。 ビーフストロガノフのソースをかけていただくのもおすすめ。

【小鉢】キャベツをたっぷり「コールスロー」

Photo by macaroni

さっぱりしたコールスローも献立に加えたいメニューのひとつ。キャベツやにんじんを塩もみしたら、マヨネーズなどの調味料で和えるだけなので、とても簡単なんですよ。お野菜がたくさん食べられて、栄養バランスの良い献立になりますね。 よりさっぱり仕上げたい時は、レモン汁を加えるのがおすすめ。

【汁物】ごろっと野菜のコンソメスープ

Photo by macaroni

大きめにカットしたお野菜が食べごたえ抜群のスープは、お肉たっぷりのビーフストロガノフにぴったり。具材を煮込むだけなので、ビーフストロガノフを作っている脇で調理できるのもいいですね。 カブやきのこなどお好みのお野菜でアレンジしてみては?

本格ビーフストロガノフでおうちごはんをランクアップ!

レストランのような本格ビーフストロガノフをおうちで作れたら、いつものごはんがワンランクアップできますね。サワークリームの酸味が上品な基本レシピから、トマト缶やデミグラスソースを使ったアレンジレシピなど、どれも簡単に作れるのでぜひ試してみてはいかがでしょうか? 副菜や汁物も組み合わせて、夕ごはんの献立の参考にしてくださいね。
【参考文献】
※牛肉(薄切り)は、「輸入牛肉のかたロース(皮下脂肪なし)」を参考にしています。 (2019/08/07参照)
▼こんなロシア料理もおうちで楽しめますよ

編集部のおすすめ