魅惑のサクもち食感!八王子のC級グルメ「パンカツ」の知名度がグイ伸び!?

八王子のご当地グルメ「パンカツ」を知っていますか?今回は気になる作り方から、パンカツの名店「やまと」の店舗情報まで詳しくまとめてみました。サックサクの見た目に隠されたその味はいかに……?実際に作ってみたので実食レビューでご紹介します。

八王子のC級グルメ「パンカツ」って!?

パンカツの写真

Photo by milkpop

八王子でいま注目のグルメ「パンカツ」ってご存知ですか?その名の通りパンでできているカツなのですが、ネットでは「C級グルメ」という新しい枠組みで存在が広まりつつあるようですよ!

主な材料は、炭水化物(パン)と炭水化物(衣)。果たしてその正体は、主食なの…?おかずなの…?いったい何者なのか探るべく、作ってみたので実食レビューでご紹介します!

メディアでも紹介され今大注目!

パンカツとは、食パンに小麦粉やパン粉で衣をつけてラードで焼いた「とんかつ」のような食べもの!仕上げにソースをたっぷりかけて、香ばしく焼き上げてからいただきます。

人気番組『ありえへん∞世界』をはじめとしたメディアでも幾度か取り上げられ、SNSでは「なにそれおいしいの!?」「味が気になる」と、みなさん興味津々!ラードで焼くということは、多少とんかつっぽくなるのでしょうか?うーん、確かに味が気になります。
パンカツはそもそも、戦後すぐの食料に困窮していた時代にとんかつの代用品として闇市で売られて広がったものなのだそう。浅草にも同様のものがあったようですが、八王子で根付いたみたいですね。

当時は結構な人気があり、その後は駄菓子屋さんなどでも販売されていたそうですよ!ごはん前にこれで小腹を満たす人も多く、「おかず」というよりは「おやつ」的な立ち位置なのかもしれませんね。
なぜ「C級グルメ」と呼ばれているのかといいますと、「安価で最小限の素材だけで作られていて、B級というほど八王子でもメジャーではない」からなのだとか。八王子でも全域ではなく、ごく一部でしか食べられていないようです。

しかし一方でコアなファンも多く、なんとパンカツの存在を広める団体「日本パンカツ協会」という組織も存在!調べてみるとレシピも公開されていたので、参考にしつつさっそく作ってみました♩

パンカツの作り方

パンカツと白いお皿

Photo by milkpop

日本パンカツ協会さんによれば「パンは高級すぎず柔らかすぎないものがいい」とのこと。今回はスーパー市販されている、一般的な6枚切り食パンを使用しました。
パンカツの材料

Photo by milkpop

・6枚切り食パン……1枚
・薄力粉……50g
・水……80ml
・パン粉……適量
・ラード……適量(今回は50gほど使用)
・ウスターソース……適量

手順

まな板と食パン

Photo by milkpop

1. 食パンを包丁で2等分にカットします。
ボウルに薄力粉を入れているところ

Photo by milkpop

2. 薄力粉をボウルに入れ、水を少しずつ加えながら溶きましょう。
パンカツにパン粉をつけている

Photo by milkpop

3. パンを2にくぐらせ、まんべんなくパン粉をつけます。
フライパンで揚げている様子

Photo by milkpop

特集

SPECIAL CONTENTS