高級料理店で味わう!「パルム」と一流シェフのコラボメニュー発売

バーアイス「PARM(パルム)」から、都内一流レストラン3店舗にて特別コラボレーションメニューが期間限定で提供!和食・フレンチ・イタリアン、各ジャンルの一流シェフに、それぞれの感性に合わせてオリジナルメニューを開発してもらったそうです♩

2017年7月29日 更新

一流シェフの創作!「パルム」コラボメニュー

バーアイス「PARM(パルム)」から、都内一流レストラン3店舗にて特別コラボレーションメニューが2017年7月28日(金)〜8月29日(火)の期間限定で提供されます。今回のコラボレーションは、料理のプロの目線で見たPARMの魅力をオリジナルメニューを通して一流シェフに語ってもらいたいという想いから実現されました。 PARMの魅力に共感した和食・フレンチ・イタリアン、各ジャンルの一流シェフに、それぞれの感性に合わせてPARMの特長である口どけ・なめらかさ・コクを活かしたオリジナルコラボメニューを開発してもらったとのこと。 コラボレーションしたシェフは、ミシュランひとつ星を獲得している和食「鈴なり」の村田明彦シェフ、“鉄板フレンチ”ジャンルを確立した「ビストロQ」の山下九シェフ、イタリアでレストランランキング1位を獲得した実績のある「L‘appartamento di NAOKI」の横江直紀シェフの3名です。 和食「鈴なり」では口の中で溶け合うアイスとチョコの融合を活かした「PARMの天ぷら」、フレンチ「ビストロQ」ではとろけていくような心地よさがマッチした「PARMにフォアグラとパッションフルーツを添えて」、イタリアン「L’appartamento di NAOKI」では口どけの良さとバニラのコクを活かした「PARMのカプレーゼ」と、それぞれのスタイルで「PARM」の味わいを活かしたメニューに仕上げられています。

鈴なり「パルム衣揚げ冷たい抹茶敷あん」

コース 10,000円/15,000円(税抜)
PARMの形が崩れないよう寒天で包んでから、口当たりの軽い衣でくるんでさっと揚げた逸品。下に敷いた抹茶ソースは豆乳とくず粉でまろやかに、天ぷらの上にのせた白和えは夏のフルーツを豆腐と胡麻の裏ごしで和え、PARMにぴったりのやさしい味わいになるようにまとめられています。

シェフコメント

和食らしくしたくて、天ぷらを選びました。口の中で溶け合うアイスクリームとチョコレートの融合を活かしたく、とろけるときに口の中に広がる甘さと恍惚感を最大限に引き出すには、PARMを別の素材で包み、その中からPARMがあらわれる作りにすれば、さらに感動は大きくなるのではと思いました。 味付けはチョコレートと相性の良い抹茶を、PARMの優しい味わいに合わせた豆乳クリームで仕上げました。

ビストロQ「フォアグラのコンフィ パルムと共に パッションフルーツを添えて」

1,000円(税抜)
PARMそのままの姿にフォアグラのコンフィをのせ、パッションフルーツのソースと胡椒ですっきり!フォアグラは甘口の白ワインでゆっくりと煮込み、香り立つコンフィ仕様にし、しっとりと仕上げられています。 ナイフとフォークでいただくスタイルで、PARMの食感を感触として実感できます。PARMとフォアグラのなめらかな食感の中に、赤胡椒とパッションフルーツの食感がアクセントになって、驚きのある逸品です。

シェフコメント

PARMのやさしい甘さには、肉や魚など動物っぽい味わいが合うと最初に感じました。また、PARMの、歯を使わずとも口の中でとろけていくような心地よさを活かしたいと思い、ひと口食べたときの食感が、フォアグラをひと口食べたときの食感とマッチするのではと考え採用しました。 さらにそこに塩っけを足すため、コンフィにして合わせました。手軽なアイスにカテゴライズされているPARMと、高級料理に使われているフォアグラ、ある意味で対極にある両者を同時に味わえたら、新たな“おいしさ”に出会えるのではと思います。

L‘appartamento di NAOKI「“はむっと”、“とろんと”、パルムのカプレーゼ”」

コース 8,000円(税抜)
PARMをトマトジュースのゼリーでコーティングし、粉末状のソースとバジルでまとめあげた逸品です。粉末状のソースは、お店で通常メニューにも使用しているオリジナルジェノベーゼソースを冷凍してから粉砕し、味を凝縮させたもの。 口どけの良いPARMのバニラとチョコレートが口の中でソースと絡み、白ワインと酢でコンポート仕立てにしたトマトと合わせて、さっぱりとしたカプレーゼに仕上げられています。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS