ライター : mezamashicook

管理栄養士、トマト愛好家

普段は施設の管理栄養士、休日は引きこもり系社会人。トマトを愛していて、世界中のトマト農家に感謝しています。好きなことは図鑑を読むこと。

自家製シロップ♪ レモンの砂糖漬けの作り方

材料(1L瓶)

・レモン……2個
・氷砂糖……500g

コツ・ポイント

・レモンは皮ごと使うので防腐剤や添加物を使用していないものを使用しましょう。防腐剤や添加物の使用の有無に関しては表記されていますので、よく見てから購入してくださいね。

・レシピでは氷砂糖を使用していますが、ご家庭にある砂糖で構いません。白砂糖であればレモンの黄色をきれいに出すことができ、三温糖は茶色っぽい仕上がりになります。よりコクを出したい場合は、黒蜜を使ってみるとよいでしょう。

・苦味が気になる方はレモンの皮をむいて作りましょう。ピーラーを使えば簡単に皮をむくことができますよ。

下ごしらえ

1. レモンをよく洗います。500ccの水を張ったボウルに、大さじ1杯の重曹(分量外)を入れレモンを1分ほど浸けます。こすり洗いし、水できれいに流したら、水気を拭き取ります。

2. 瓶を消毒します。瓶とフタを洗剤で洗って鍋に入れ、かぶるくらいの水を入れて沸騰させ、そのまま5〜8分加熱します。ペーパータオルの上に取り出し、乾燥させたら煮沸消毒の完了です。

作り方

1. レモンを5mm幅の輪切りにします。

2. 消毒した保存瓶にレモン、氷砂糖を交互に重ね、フタをしめます。砂糖が固まらないように1日1回瓶を上下に返し、温度変化の少ない冷暗所や冷蔵庫で保管してください。

保存方法と賞味期限

砂糖漬けは冷暗所や冷蔵庫で保存しましょう。常温に放置し、高温状態が続くと、レモンの砂糖漬けから泡が出てくることがあります。これは発酵をしているサイン。このまま発酵がすすんでしまうと、アルコール臭がただよい、場合によっては爆発することもあるので、すぐさま冷蔵庫に入れましょう。

賞味期限は砂糖の割合にもよりますが、浸けてから1週間程度が目安で、3日目以降が飲み頃。食べきれる量を作るようにするのがおすすめですよ。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ