カオソーイセット

840円(税抜)
「ソムオー」のランチタイムには、810~1,080円の間で食べられる、約20種類のランチセットがあります。セットドリンクは飲み放題で、15時半までに来店すればランチを注文できます。 「カオソーイセット」はタイ北部チェンマイ名物で、中華麺と揚げた麺とキチンココナッツカレースープのセットです。チキンがごろごろ入っているスープに、どっぷり麺をつけていただきましょう。

カーウニアウ・マムーアン

600円(税抜)
マンゴーとココナッツで炊いた、甘いもち米のデザート「カーウニアウ・マムーアン」は、タイでとても人気のスイーツ。甘いお米とマンゴーの組み合わせと聞くと驚きますが、かなり好評の一品なんですよ。 本場タイで人気のデザートメニューも充実しているので、最後までタイ気分を満喫して、癒やされてみてはいかがでしょう。

店舗情報

■店舗名:ソムオー 新大久保店 ■最寄駅:JR新大久保駅より徒歩1分 ■住所:東京都新宿区百人町1-11-24 YSビル1F ■電話番号:03-3366-8686 ■営業時間: 【月~金・日】 ランチ 11:00~15:30  ディナー15:30~23:30 【土】 ランチ 11:00~15:30 ディナー15:30~24:30 ■定休日:無休 ■禁煙・喫煙:全面喫煙可 ■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130404/13006857/ ■公式HP:http://www.thaifoods.jp/

7. 鹿肉料理もあり!アイヌ料理「ハルコロ」

JR新大久保駅から徒歩1分と、すぐの場所にひっそりと佇む「ハルコロ」は、本州では珍しいアイヌ料理店です。ビル1階に店舗を構え、奥まった入口には、独特で魅力的なアイヌ模様が描かれた扉が見えます。 うっかりしていると見逃してしまいそうな、店名の「ハルコロ」と書かれた扉の上の文字を見つけると、隠れ家を発見したような嬉しい気持ちになりそうですね。
テーブルが4卓ほどあるこぢんまりとした店内は、あたたかい木目調で統一されたどこか懐かしい雰囲気。天井や壁一面にメニューやアイヌ模様のタペストリーが飾られていて、一般的な日本居酒屋や定食屋では味わえない空間が広がっています。 夜は居酒屋として営業する「ハルコロ」はアイヌ伝統料理や鹿肉を使った料理が評判で、平日お昼時には定食目当てのお客さんで店内は満席になるんだとか。

鹿丼

950円
ランチメニューの「鹿丼」は大人気メニューで、お昼に訪れる多くのお客さんが注文するひと品です。ボリュームある「鹿丼」は、ジビエ特有のくさみをあまり感じない、食べやすいメニュー。 ランチを完食すると、食後のドリンクを無料で出してもらえるサービスも、魅力のひとつですね。

日替わりランチ

その日によって出されるものが違う「日替わりランチ」は、焼き魚定食だったり、「ラーメンサラダ」という北海道では定番のメニューが出されます。この「日替わりランチ」目当てで、通いたくなりますね。 新大久保で、エスニック料理や韓国料理以外の珍しい料理を食べたくなったときに重宝しそうな、すてきなお店です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS