連載

麺にプルプルスープがからまる!「あさりの冷やしラーメン」は夏の〆にピッタリ

夏は冷たい麺が食べたくなりますね。〆には冷やしラーメンが最高!普通のスープもいいけれど、あさりの旨味たっぷりのお手製スープはいかがでしょう?今回は、「あさりの冷やしラーメン」のレシピをご紹介。ゼラチンで煮凝り風にすると、麺によく絡みます。

2018年11月2日 更新

あさりの冷やしラーメンは、〆にちょうどいい♩

お酒を飲んだあとは、つるつるっと冷たい麺で締めくくりたいですね。これからは、特に冷やしラーメンがおいしい季節。市販の麺のつけダレで食べてもいいですが、ちょっとひと工夫していつもと違う味を楽しんでみませんか?

飲んだ後に出汁を取って、煮立てて……とイチから作るのはストレスなので、今回は冷やしてゼリーのように作るあさりの冷やしラーメンのご紹介です。

ゼラチンで煮凝りのような食感にして、麺にスープがよくからむようにしました。あさりの旨味を余すことなく堪能でき、具もアサリだけのシンプルさが〆にちょうどいいですよ。

「あさりの冷やしラーメン」の作り方

分量(2人分)

市販の生麺 2人分
殻付きあさり 180〜200g
鶏がらスープの素 小さじ1
ゼラチン 3g
三つ葉 少々
A 水 150cc
A 酒 50cc
A 塩 ひとつまみ

作り方

①あさりは砂抜き・塩抜きをする。
②フライパンにあさりとAを入れる。
③蓋をして中火にかけて、酒蒸しにする。
④あさりの口がすべて開いたら、火から下ろす。
火から下ろしてから、鶏がらスープの素とゼラチンを加えて混ぜる。
ゼラチンは必ず火から下ろした状態で入れましょう。火にかけている状態で入れると、固まらなくなるおそれがあります。
⑥ボウルに汁ごと移し、粗熱をとる。
⑦冷蔵庫で3時間以上冷やし、ゼリー状に固める。
⑧ゼリー状に固まったら、スプーンで全体を荒く混ぜる。
麺との馴染みがいいように、ゼリーを軽く崩しましょう。
⑨鍋いっぱいのお湯で麺を規定の時間茹でる。
⑩茹で上がった麺は冷水でぬめりを取るように洗い、よく締める。
⑪ザルにあけて水気を切る。
⑫器に麺を盛り付ける。
⑬あさりをゼリー状のタレと一緒に麺にまんべんなく乗せる。

三つ葉をちらして、できあがり!

ゼラチンのぷるっとした質感が見た目にも涼やかです。ゼリー状のタレに驚かれる方もいるかもしれませんが、味は奇抜なものではなく落ち着いた味です。三つ葉をそえると、よりお吸い物のような上品さが感じられますよ。

あさりは身よりも出汁に旨味がでてしまうものです。しかしこのレシピなら、あさり本体がゼリーで包まれることで旨味が逃げ出さず、おいしくいただけます。あさりだけではラーメンのタレとしては物足りなくなってしまいますが、鶏がらスープを入れることでちょうどいい味に仕上がります。ご家庭にあるもので作れるので、ぜひお試しくださいね。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

前田未希

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう