連載

ふわホワッ♩くら寿司「シャリコーラシュークリーム」の甘さにお米好きうっとり

くら寿司屈指の人気メニュー「シャリコーラ」が、今度はシュークリームに!寿司屋が作るスイーツらしく、お米の風味豊かな甘酒をベースにしたクリームをたっぷり使ったものらしいんですが、いったいどんな味なのか……。実食レビューでご紹介します。

くら寿司「シャリコーラ シュークリーム」が話題!

「シャリコーラ」をご存知ですか?く回転寿司チェーン「くら寿司」で販売されている、お米から作られた魅惑の清涼飲料。味のベースとなっているのは甘酒で、乳性炭酸飲料を思わせる風味がなにやらクセになります。発売2週間で10万本超を売り上げ一時は販売休止になった、くら寿司屈指の人気商品なんですよ。
そんな「シャリコーラ」を使った「シャリコーラシリーズ」第3弾として発売されたのが、なんとシュークリーム。甘酒や米酢などをホイップクリームに加えた特製クリームを生地に詰めてあるそうなんですが……、あれ?コーラの要素はどこへ?

「シャリコーラ シュークリーム」とはいったいどんな味なのか。そして、コーラ的な部分があるのかないのか……?実食レビューで詳しくご紹介します。

「シャリコーラ シュークリーム」にズームイン

これが「シャリコーラ シュークリーム」。商品名の「Shari-Colaシュークリーム」よりも「米」の方がドーンと目に入ってきます。アメリカ人が作った日本食のようなパッケージ。さすが、今や世界中で楽しまれている寿司を提供するお店の商品です。グローバルな展開を視野に入れていてもおかしくないデザインですね。
パッケージから取り出すと、やわらかそうなシュークリームが姿を現しました。まるっとしていてサイズは手の平大。見た目よりもどっしりとしており、中身が詰まっているのがわかります。これといった特徴はありませんが、シュークリームの核心はやはり中身。どのようなクリームが入っているのか、気になります!

「シャリコーラ シュークリーム」を実食!

手に持った「シャリコーラ シュークリーム」をむんずと握り、にぎり飯のようにかぶりついてみました。ひと口でだいぶ減ってしまいましたが、ふわっとしたクリームがぎっしり詰まっている(いた)のが見て取れるかと思います。
その生地は薄く、ふんわりやわらかで、ほのかにしっとりしています。肝心のクリームはというと、カスタードのようなトロトロッとした感じではなく、ホイップクリームみたいに軽やかな口当たり。たっぷりと空気を含んでいて、ホワッとした感触です。
甘酒をベースにしているだけに、口に広がるのはお米由来のおだやかな甘さ。米酢のほのかな酸味が後をひきます。飲み込んだあとで口に残るのは、まさしく甘酒のあの風味。甘酒に目がない人は、これは絶対好きでしょう!
せっかくなので、「シャリコーラ」と一緒にいただいてみることにしました。どちらもベースは同じ。合わないわけがありません。

シュークリームをひとかじりしてから「シャリコーラ」を口に含むと、甘酒の甘さと風味が強調されて、たまらない味わいに!おぉ……これはハマリそう。それぞれ単品でもおいしいですが、ぜひ合わせて楽しんでもらえたらと思います!

シャリコーラと合わせてぜひ!

シャリコーラと合わせてぜひ!

Photo by macaroni

ちなみに、2017年7月7日(金)より、くら寿司の公式通販サイトで「シャリコーラ」のボトル、1ケース(12本入)が販売されているそうなので、飲んでみたいという方はぜひご購入を。価格は2,332円(税込、送料別)。
そうそう、「シャリコーラ シュークリーム」にコーラ要素があったかですが、あるともないとも言えない感じ。「シャリコーラ」と同様の風味を楽しめたので、名前に偽りありとは思わないけれど、炭酸を思わせる何かを期待してしまうと肩透かしを食うって感じです。コーラという言葉に期待はせず、変わり種のシュークリームとして深く考えずに楽しむのが正解ですよ!
(文:植松、写真:田上)
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承下さい。

製品情報

シャリコーラ シュークリーム
価格:108円(税込)
発売場所:くら寿司店舗(一部除く)

特集

SPECIAL CONTENTS