ライター : vorgue

美味しいものを食べるのが大好き!だけど最近ちょっと体重も気になるお年頃です^^美味しいものと健康にまつわる記事をご紹介していきたいと思います。

ジンジャードリンクスタンドが登場!

今から遡ること7年前の2010年。東京千駄ヶ谷にオシャレでおいしいジューススタンドがオープンしました。現在このお店は閉店してしまい、グラノーラを主力商品として都内デパートや福岡のグラノーラ工場のイートインスペースで楽しむのみでした。ジンジャードリンクを飲みたいという声はあとをたたず、満を辞して2017年、福岡は警固にジンジャードリンクスタンドがオープンとなったのです!

福岡 中央区警固「フラクタスジンジャースタンド」

最寄駅は地下鉄空港線の赤坂駅から徒歩10分ほど。赤坂駅前の大正通りを南下して、警固交番前の交差点を右折して200mほど。スーパーマーケットのサニーのお向かいです。
パッと目を惹くのはお店の目の前に出ているサイクルスタンド。オシャレな黄色にフラクタスのロゴがかっこいい!間口こそ狭いものの、洗練されたビタミンイエローのファサードが一際輝いています。
店内ももちろんオシャレ空間!モダンなインテリアが多いもののカラーリングのベースがきれいな空色とお店のビタミンイエローのためか、ポップで親しみやすい印象です。
あくまでジューススタンドなので座席はありません。小さなカウンターがあるのみです。サッと寄って、サッと飲んで、またサッと出かけていく。アクティブな方にうってつけのお店です。
主に大分県産の生姜とカボスを使って手作りで作られるジンジャーコーディアルはスパイスの風味も効いて爽快なのに刺激的。そしてオシャレなグラスなどのグッズもこちらのお店で購入することができます。

体にも嬉しいジンジャードリンク

1,296円(税込)
コーディアルとはハーブやフルーツをシロップやお酒に漬けてエキスを抽出した濃縮ドリンクのこと。元々はイギリスでハーブを中心に作られていた強壮、医薬ドリンクでした。日本でいうなら梅のエキスを抽出した梅酒や梅ジュースもコーディアルということになりますね。お水や炭酸水で割ってジュースとして飲んだり、お料理の隠し味やスイーツのソースとして使ったりできます。
フラクタスのジンジャーコーディアルは全部で3種類。ベーシックな生姜ときび砂糖、ほんのりスパイスとかぼすが香るのが「Comfortingジンジャーコーディアル」。タイムやフェンネル、セージ、レモングラスなどのハーブを追加した爽やかな「Soothingハーブジンジャーコーディアル」。胡椒とカルダモンをはじめとしたスパイスがピリリとアクセントになる「Upliftingスパイスジンジャーコーディアル」です。
全て保存料や着色料・添加物などは入っていません。大分をはじめとした九州産の生姜をベースに手作りで作られています。
フラクタスジンジャースタンドでは3種類から好みのコーディアルを選んでドリンクを作ってもらえます。どのコーディアルも生姜がしっかりと効いた大人味ですが、爽やかであとを引くおいしさです。

ジンジャーソーダ

300円(税込)
定番ドリンクの1つはやっぱりジンジャーコーディアルのソーダ割り、「ジンジャーソーダ」でしょう。ジンジャーエールに近いですが、さらに生姜がピリリと効いたドリンクです。夏場はどうしても冷たい飲みものが飲みたくなりますが、実は体は冷房や冷たい飲みものや食べもので冷え切っています。そんな体にもジンジャーソーダは最適!飲むと生姜のパワーで体がポカポカしてきます。

ジンジャーホット

300円(税込)
冬に飲みたくなる温かい「ジンジャーホット」。凍えるような寒さの中でもジンジャーホットを飲めば心も体もポカポカに!温かい分甘さもしっかり感じるので、生姜のピリリが苦手な方にもオススメです。もちろん冬だけでなく夏にも温かい飲みものを飲むと、胃が温まって夏バテの解消にもなると言われていますので、冷えが気になる人は夏でもジンジャーホットがオススメです。

アルコール

500円(税込)
これはジンジャーコーディアルメインでやっているフラクタスならではの発想!ジンジャーコーディアルをビールや焼酎、ウォッカなどのアルコールで割っていただきます。実はフラクタスジンジャースタンドでも大人気の品なんです。オーナーが自ら試作を繰り返して完成させた組み合わせと黄金比で、いっぱしの高級バーでも飲めないようなおいしいアルコールだと評判です。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS