室温40度でもカチコチ!? 原宿「金座和アイス」を要チェック!

なかなか溶けない特別なアイス「金座和アイス」をご存知ですか?石川県金沢市に本店を構え、大阪梅田と東京原宿にも支店を持つ、新感覚「金座和アイス」はこの夏大注目のアイスなんです!今回は、「金座和アイス」の魅力をご紹介します。

2018年9月10日 更新

あの金座和アイスが原宿に上陸!

時間がたっても溶けないアイスとして話題になった、あの石川県金沢市に本店を構える「金座和アイス」が、2017年7月3日に原宿竹下通りに上陸しました!

室温40度でも溶けないという不思議系アイスは、すでにSNSでも話題沸騰中!今回はこの夏大注目の「金座和アイス」についてご紹介します。

原宿・竹下通り店「KANAZAWA ICE」

原宿駅竹下口・明治神宮前駅竹下通りすぐのところにお店を構える「KANAZAWA ICE(金座和アイス)原宿店」は、和の趣あふれる甘味処と行った外観の本店とは対照的に、金座和アイスのキャラクターのステッカーでデコレーションされた、原宿らしいポップな外観が印象的となっています。
店内は原宿カルチャーと和をミックスさせた、ポップでキュートな内装が印象的!イートインスペースもあるので、お子様連れでも安心です。 

溶けないアイスがSNSでも話題!

いま話題沸騰中の新感覚アイス「金座和アイス」は、なんと室温40度の部屋に3時間放置しても溶けないという、驚愕のアイスクリームなんです!
80度の風を当てても溶けない⁉︎もはや本当にアイスなのか確かめたくなりますね。
イチゴのポリフェノールの効果で溶けないアイスができている、とのことですが、自然食材でそんな魔法のようなアイスができるなんて、本当に不思議です。
大学教授開発のアイスなんて、とっても個性的で興味がそそられますね。特許も取得しているということで、ますます期待が膨らみます。

暑くても溶けない新感覚アイス!

金座和アイスの商品写真

650円(税込)

いまメディアやSNSでも大注目の「金座和アイス」は、金沢大学の太田富久名誉教授開発のもとに生まれた新感覚なんです。味はバニラ味・イチゴ味・抹茶味を基本に、チョコ味やマンゴー味なども用意されています。また、ブルーベリーソースやストロベリーソースも用意されているので、お好きなソースを自分でトッピングすることもでき、味のアレンジもし放題なんです♩

金座和アイスは見た目も美しく、家紋風や梅風、お団子風などさまざまな形が用意されています。店員さんに渡される金粉をまぶせば、フォトジェニックな美しいアイスの出来上がりで、SNS映えも抜群です!
「何枚も写真撮ってたのにホントに溶けない」「本当に溶けないから棒アイス苦手な人でもきれいに食べられる」「本当に溶けない!不思議~」と、その溶けないアイスに驚きの声が続出中!
金座和アイスの魅力は溶けないというだけではありません!

「少しずつ柔らかくなって、食感がふわシャリでヤミツキになりそう」「溶けないからといって冷たすぎるわけでもなく、しゃりしゃりした食感でおいしい」と、その独特の食感も魅力のひとつとなっているんです。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

miku_snk

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう