ライター : pomipomi

ライター兼、料理愛好家。おいしい&美しいをテーマにいろいろな料理を日々研究しています。 Webサイト「kitchen bonita」ではヴィーガン対応のレシピを細々と公開中です。

アイスクリームミュージアムが全米で話題!

現在ロサンゼルスで開催されている「ミュージアムオブアイスクリーム(Museum of icecream)」。その名の通りアイスクリームのミュージアムなのですが、みなさんは耳にしたことありますか? 2016年の夏にニューヨークで第1回目が開催され、告知なしで20万人もの行列ができるほどの大盛況を収めました。昨年に引きつづき、今年も全米が期待するビッグイベントということで、老若男女問わず多くの方々から絶大な注目を集めている様子。そこで今日は、イベントの情報について詳しくご案内していきたいと思います。

ミュージアムオブアイスクリームって?

「ミュージアムオブアイスクリーム」はいわばアイスのテーマパーク。アイスクリームをテーマにしたフォトジェニックな展示が並び、非日常的な空間でSNS映えする写真を撮るということがコンセプトになっています。 アイスクリーム型のベンチやブランコに座ってパチリ。もしくは1万本ものバナナをバックにポーズをとってみたりと、インスタ女子なら大興奮間違いなしのシチュエーションがあちこちに♩もちろんアイスの試食だってできちゃいますよ。
このイベントを手掛けているのは若干25歳のクリエイター、『マリーエリス・バン(Maryellis・Bunn)』です。「子どもの頃からアイスクリームが大好きで、こんなのがあったらいいなという夢を叶えちゃいました」と語ります。 コアターゲットは10代から30代の若者とのことで、会場にはいま話題のミレニアルピンクをふんだんに採用。名だたる海外セレブからも熱い支持を集めており、ビヨンセやグウィネス・パルトロー、ケイティ・ペリーなども足を運び、インスタグラムに画像をアップしているそうです。
今回のイベントは、ニューヨークで開かれた第1回目のときよりも約4倍にまで規模を拡大しての開催となりました。期間は2017年4月22日から5月末までのはずでしたが、あまりの人気のために8月まで延長を予定しているそうです。

どこを撮ってもフォトジェニックな空間!

子どものころを思い出すような、カラフルプールで大はしゃぎ♩
アイスサンドのブランコと、アイスが溶けたようなベンチもフォトポイントのひとつです。
天井から吊るされた1万本のバナナ。ここは絶対写真におさめておきましょう!
アイスクリームの形をした照明に思わずうっとり。本物そっくりですが食べられませんので悪しからず。
壁一面に配置されたワッフルコーンの前でパチリ。こちらも本物さながらのクオリティです。
スプリンクルが敷き詰められたカラフルなプール。体ごとドボンと入っても濡れませんのでご安心を!
こちらはカップルに特におすすめしたい撮影コーナーです。ポップなイラストをバックに記念撮影しちゃいましょう。
かわいいピンクの受話器を見つけたら「もしもーし」なんていかが?ベストショット間違いなしです。

しかしロサンゼルス会場のチケットは完売...

チケットは大人29ドル(約3,200円)、子ども(12歳以下)、シニア18ドル(約2,000円)です。人気爆発のため、すでにロサンゼルス会場のチケットはソールドアウトだそうです。 今年中にほかの場所でもイベントを開催する予定があるそうなので、気になる方は逐一情報をチェックしておきましょう。

アイスクリームミュージアム、いつか日本で!

アイスクリームがお好きな方はもちろん、‟カワイイ”が大好きな方もぜひぜひアイスクリームミュージアムへ足を運んでみてください。 とはいえ、飛行機に乗ってロサンゼルスまで行くのはなかなか難しいのが現実。いつの日か日本でも開催されることを願って、まずはインスタグラムの画像を眺めて行ったつもりになっちゃいましょう。イマジネーションが広がって楽しい気持ちになれちゃいますよ♩

イベント情報

■イベント名称:Museum of icecream ■最寄り駅: ■住所:2018 E 7TH PLACE LOS ANGELES CA 90021 ■電話番号:855-258-0719 ■開館時間:11:00~22:00 ■閉館日:火曜 ■チケット料金:大人29ドル、子ども(12歳以下)とシニアは18ドル ■公式HP:https://www.museumoficecream.com/
▼海外のワクワクグルメ情報!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ