赤ワインベースのカクテル!「キティ」のレシピ&由来まとめ

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

2017年11月30日 更新

ミモザ

続いての「ミモザ」。フランスではシャンパン・ア・ロランジェとして、古くから貴族の間で飲まれていたといわれています。鮮やかな黄色がミモザの花に似ているところから「ミモザ」と名づけられたようです。 【材料】 ・スパークリングワイン(シャンパーニュ)…1/2 ・オレンジジュース…1/2 【作り方】 1. グラスによく冷えたオレンジジュースを注ぐ。 2. スパークリングワインを数回に分けて静かに注ぎます。 3. 軽くかき混ぜます。 鮮やかな色と飲みやすさから、女性にも人気のカクテル。「最もおいしく贅沢なオレンジジュース」とも言われているようですよ。おいしそうですね。

ちなみに……かわいい名前のカクテルは他にも

シンデレラ

「シンデレラ」は、フルーティーなノンアルコールカクテルです。 オレンジジュース(20ml)、パイナップルジュース(20ml)、レモンジュース(20ml)をシェイクして、カクテルグラスに注ぐだけで作れます。 お酒が苦手な方でも、酔いしれるカクテルなんです。

ホワイトスワン

「ホワイトスワン」は、甘いアーモンドの香りのアマレットに牛乳を加えたまろやかな味わいのカクテルです。 ディサローノ・アマレット(20ml)とミルク(40ml)をシェイクして、カクテルグラスに注げば完成です。デザートにもぴったりの味わいなので、ぜひお楽しみください。

マリン・スノウ

「マリン・スノウ」は、ブルーキュラソーのさわやかな風味、ビールの苦み、カルピスの甘さが絶妙なハーモニーをかもし出すカクテル。まろやかでさわやかな口当たりです。 ビヤグラスにブルーキュラソー(30ml)とカルピス(20ml)を注ぎ、かき混ぜます。そこにソーダ(10ml)とビール(100ml)を注ぎ、軽くかき混ぜればできあがり。 ブルーの見た目とすっきりした味わいがこれからの季節にもぴったりですね。

クーニャン

「クーニャン」は中国語で「娘」という意味。ピーチリキュールをウーロン茶で割っており、飲みやすさが特徴です。 氷を入れたタンブラーにピーチリキュール(35ml)とウーロン茶(適量)を注ぎ、軽くかき混ぜます。レモン・スライスを飾れば完成です。 アルコール度数も低いので、お酒が弱い方にもおすすめです。

特集

FEATURE CONTENTS