岩下の新生姜がまた攻めてる!ピンクジンジャーエールは漬け液で意外な味わい♩

インパクト抜群の新商品が何かと話題になる「岩下の新生姜」。2017年夏、新たに「ピンクジンジャーエール」が発売されて新たなブームになりつつあるんです!実際に「岩下の新生姜」の味がするのか、販売店や通販情報もまとめてお届けします。

ピンクジンジャーエール爆誕!

1987年に販売を開始してから今年で30周年を迎えた「岩下の新生姜」。岩下食品株式会社は、いままでにもピンク色のカレーや岩下の新生姜味のポテトチップスなど、一風変わった新商品を販売して度々話題になりましたよね。
今回SNSで注目をあびているのは、なんと「ピンクジンジャーエール」!見た目のインパクトも抜群で、とっても気になりますよね。株式会社横倉本店、株式会社アールイープロダクドとともに共同開発した注目の新商品をご紹介します!

SNSでも話題に!

発売前から「キワモノ路線のようだけれど、ピンク色の見た目がかわいくて意外とおいしそう……」と話題に上っていた、こちらの商品。

2017年6月14日に発売開始となり、「甘すぎず炭酸もキツすぎず、生姜感がすごく感じられると思う」や「とてもきれいな色をしてます。生姜らしい香りと刺激が効いてますが、とても飲みやすいです」と口コミでも話題に。

新生姜の味はする?

岩下の新生姜のイメージカラーでもある華やかなピンク色が目にも鮮やかな清涼飲料水。実際にピンク色の漬け液「岩下漬けの素」を使用しているので、イメージ通りの生姜の香りとスッキリとした酸味、ほのかな甘み、炭酸の爽快感がたまらないジンジャーエールです。

甘さを抑えたスッキリとした味わいは餃子や焼きそばのほか、栃木県のB級グルメ「いもフライ」などの少し脂っこい料理にもピッタリだそう。
新生姜ミュージアムで楽しんでいる女性

Photo by macaroni

こちらのピンクジンジャーエールは栃木県にある岩下の新生姜ミュージアムでも販売されているほか、秋葉原のショップ、オンラインショップや栃木県内のヨークベニマル29店舗などでも販売されています。
実は栃木県内の100店舗以上の飲食店ではすでにお酒や炭酸水などで割って提供されていたそうで栃木県の方からするとポピュラーな飲み物といったといったところでしょうか?ご自宅や外出先でもピンクジンジャーエールを楽しみたいという要望が多かったため商品化が実現したそう♩

ほのかな甘みを感じるこちらのジンジャーエールはこれからの季節、スカッと爽快に飲み干すのにぴったりのひと品です。

通販でも購入可能です!

岩下食品のオンラインショップでも購入可能で、バラ購入は2本まで。ケース購入の場合は3本、6本、12本、24本のセットが選べます。

詳しくは以下のオンラインショップでご確認くださいね。

この夏必須のアイテムになるかも♩

いかがでしたか?新生姜の新しいカタチ「岩下の新生姜 ピンクジンジャーエール」をご紹介いたしました♩お好みのアルコールをピンクジンジャーエールで割って、ご自宅でオシャレにかわいく「ピンクジンジャーサワー」をお楽しみいただくのもおすすめですよ。
▼「岩下の新生姜」は楽しみ方いろいろ!

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

yuutytuuty

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう