味付けがキマる!「めんつゆ」で作るゴーヤチャンプルーのレシピ

沖縄料理の定番、ゴーヤチャンプルー。めんつゆを使えば、自宅でも簡単においしく味付けができるんです。今回は、めんつゆを使ったレシピを中心に、身近な調味料を使った簡単レシピも併せてご紹介します。暑い夏に、ぜひおためしを。

2018年10月1日 更新

めんつゆを使ったゴーヤチャンプルーレシピ

めんつゆを使ったゴーヤチャンプルーのレシピをご紹介します!

1. 味付けめんつゆ、塩、コショウのみ!ゴーヤチャンプルー

具材はゴーヤ、木綿豆腐、魚肉ハム、卵。味付けは、めんつゆとこしょう、ほんだしのみ。ゴーヤは半分に切り、わたを取って中を洗い、スライスします。軽く塩ゆでします。豆腐は水を切って、短冊状にきりフライパンで焼きます。全体的に炒めたら切った魚肉ハムを淹れ、塩、コショウ、めんつゆ、ほんだしを入れて、溶き卵をいれたら完成です。

豆腐とたまごが入っているので、全体の味がまろやかになり食べやすくなります。基本のレシピなので、これをおさえれば他のレシピも作りやすくなりますよ!

2. スパム入り!めんつゆチャンプルー

こちらは、沖縄でポピュラーなスパムを使ったレシピです。ゴーヤはわたを抜いて薄切りにしてから塩もみ、水切りをしておきましょう。スパム、ゴーヤ、にんじんを炒めます。このレシピは蓋をして蒸し焼きにするのがポイントです。火が通ったら最後に溶き卵を回しかけ、じっとしたらできあがり!

スパムは缶詰で売っているので、安いときに買いだめしておくといざというときに助かります。長期間保存ができるので、使いたいときに使える優れもの。濃いめの塩味がついているものが多く、炒め物にすると味のアクセントにもなってくれるので箸がすすみます!

3. お麩入りのゴーヤチャンプルー

こちらは、車麩と豚、キャベツ、ニラ、エリンギを加えたレシピです。車麩はぬるま湯で戻し、溶いた卵と白だしに浸し、軽く焼き色がつくまで焼きます。同じフライパンで他の具材を固いものから炒めて、具材に火が通ったら車麩をフライパンに戻し、塩こしょうで味を整えます。

ゴーヤは卵と白だしにつけて炒めているので、苦味が少なくなりお子さまも食べやすいレシピ。ふわふわのお麩と一緒に楽しめるひと品です!
1 / 3

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう