超時短で甘くなる♩とうもろこしをレンジでチン!の加熱時間は◯分でOK!

とうもろこしは、レンジで簡単調理がおすすめ!わずかな加熱時間で作れるので、鍋で茹でるよりも時短で手軽に楽しめます。この記事では、とうもろこしを皮ごと調理する方法と、皮なしでラップを使う方法の、調理時間や作り方をご紹介します。

とうもろこしはレンジで簡単調理!

とうもろこしはレンジで簡単調理!

Photo by macaroni

とうもろこしを食べる時、どんな風に調理してますか?おそらく、お鍋でお湯を沸騰させて茹でているという方が多いのでは。でも、それってちょっと面倒ですよね。なにせ、お湯が沸くまでの時間に加え、茹で上がるまで待たなければいけないんですから。

とうもろこしを調理するなら、レンジでチン!がおすすめ!お鍋で茹でたことがない人なら目からウロコが落ちるくらいの時短で、あっと言う間に茹で上がるんですよ。しかも、おいしい♩
そこで今回は、電子レンジを使うとどれだけ早くとうもろこしを調理できるのか、その調理時間を具体的にご紹介します。皮ごとレンチンする場合と、実だけをラップで包む場合とで加熱時間が異なるんですよ。
忙しいときやサクッと料理したいとき、何分でできあがるかは重要なポイントですよね。とうもろこしを時短でおいしく調理する方法と合わせてチェックしてみてください。

とうもろこしを皮ごとレンジで!調理時間は

とうもろこしを皮ごとレンジで!調理時間は

Photo by macaroni

とうもろこしの生産者の方がやっているという、皮ごとレンジに入れて加熱する方法。とうもろこしがもつ甘みや栄養素を逃すことなく調理できる上に、余計なゴミを出すこともなく手軽に調理できます。買ってきたとうもろこしをそのままレンジで温めるだけなので、手軽さもピカイチです!
温め時間は、500〜600Wで6分、700W、1000Wで5分を目安にしましょう。2本以上のとうもろこしを同時に加熱する場合は、1~2分ほど長く温めるようにしてください。

とうもろこしを皮ごとレンジで茹でる方法

とうもろこしを皮ごとレンジで茹でる方法

Photo by macaroni

皮つきのとうもろこしを耐熱皿にのせたら、ラップをせずにそのまま電子レンジ(500W)で5分ほど加熱すればできあがり。ヒゲと反対側を付け根から2cmほどで切り落とし、ヒゲを持ちながら軽く揺らすとスルっと実を取り出せます。
皮ごとレンジで茹でる方法は、テレビで何度か取り上げられ大変話題になりました。農家のプロもおいしいと太鼓判を押す方法なので、ぜひ一度試してみてくださいね。

▼詳しい手順はこちらでチェック!

とうもろこしをラップに包んでレンジで!調理時間は

とうもろこしをラップに包んでレンジで!調理時間は

Photo by macaroni

皮つきのままだと電子レンジの庫内が汚れてしまうなどが気になる……という方は、とうもろこしの皮をはずしてからラップで包んで温めてみましょう。水分が飛ばないようにラップで包みこむので、レンジの中で蒸したような状態が作れます。調理後はそのまま保存できるので、とっても便利!
温め時間は、500〜600Wで5分、700Wで3分、1000Wで2分30秒を目安にしましょう。こちらも1本あたりの目安時間なので、何本かまとめて調理したい場合は1~2分ほど長めに加熱するようにしてください。

皮なしとうもろこしをレンジで茹でる方法

皮なしとうもろこしをレンジで茹でる方法

Photo by macaroni

皮をはずしたとうもろこしをサッと水洗いしたら、水気を切らずに塩をすりこんでください。それをラップでしっかり包み、電子レンジで温めればできあがり。ラップは蒸気が漏れないようにピタっと巻きつけてくださいね。

加熱が終わっても、ラップをすぐには外さないこと。常温になるまで余熱で蒸すのがおいしく仕上げるポイントです!
せっかく上手に熱を通しても、すぐにラップを外すと水分が飛んで、粒の表面がしわしわの仕上がりになってしまいます。

特集

SPECIAL CONTENTS