とうもろこしはレンジ調理で甘くなる♩ラップを使った時短でおいしい茹で方レシピ

6月~9月にかけてが旬のとうもろこし。暑い季節に茹でるのは面倒……なんて感じたことはありませんか?今回は、レンジを使ったとうもろこしの調理方法をご紹介!ラップを使った基本の方法や、皮ごと調理する裏技も♩茹でるより時間も節約できちゃいます。

レンジで手軽にとうもろこしを調理!

レンジで手軽にとうもろこしを調理!

Photo by macaroni

とうもろこしを食べようというとき、どんな風に調理していますか?おそらく、まずは茹でるという人が多いのではないでしょうか?お鍋でお湯を沸かしてから茹でるのは時間のかかる作業ですし、とうもろこしが旬の6月~9月は気温が高いですから、暑さを耐えながら火を使用するのはなるべくなら避けたいですよね。
そんなとうもろこしですが、実は電子レンジを使って時短で、しかも手軽に調理する方法があるんです。この記事では、レンジを使ってとうもろこしを茹でる方法の基本や、ラップを使わず皮付きのままでとうもこしをおいしく仕上げる裏ワザなど、目からウロコのアイデアたちをご紹介します♩

とうもろこしにラップをしてレンジでチン

とうもろこしにラップをしてレンジでチン

Photo by macaroni

通常はたっぷりのお湯を使って茹でるとうもろこしですが、ここではレンジとラップを使った方法をご紹介!火を使うことなく調理できるので、ガス代の節約にもつながりますよ。ぜひ試してみてください!
それではまず、基本レシピからチェックしていきましょう!

材料

・とうもろこし……1本
・塩……ひとつまみ
・ラップ……とうもろこしが包める分量

作り方

作り方

Photo by macaroni

①とうもろこしの葉とヒゲを取ります。この時、とうもろこしを両手で持ち、雑巾絞りをするようにすばやくこすると、簡単にヒゲを取ることができます。
作り方

Photo by macaroni

②水洗いをした後、とうもろこし全体を包めるサイズにカットしたラップをひろげ、その上にとうもろこしを置いて、水気を切らずに塩をすりこみます。強く揉みこむ必要はないので、コーンの粒を傷つけないよう注意しながらやさしく作業しましょう。
作り方

Photo by macaroni

③ひと回り大きめにカットしたラップで、とうもろこし全体をしっかりと包みます。なるべく空気が入らないよう気をつけながら、ラップがとうもろこしにぴったりとくっつくように包みましょう。
作り方

Photo by macaroni

④とうもろこしをレンジで加熱します。加熱時間は600Wで3分、500Wで4分を目安にしましょう。とうもろこしの本数が多い場合は、1分ほど長く温めるのがおすすめです。半分ほど温めた時点でとうもろこしを反転させておくと、熱が均等に入りやすくなります。
作り方

Photo by macaroni

⑤温めたとうもろこしはすぐに取り出さず、荒熱が取れるまで5分ほど放置しましょう。ほどよく冷めたらできあがり♩すぐにラップを外すと水分が飛んでしまうので、注意してくださいね。

レンジ調理でとうもろこしの味はどうなる?

レンジ調理でとうもろこしの味はどうなる?

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS