味はまるで別物…!? 「スイカ氷」は三重・和歌山県民が愛する夏の隠れ名物!

和歌山・三重の熊野エリアで隠れ名物として知られている「スイカ氷」。スイカ状にしたかき氷のことですが、一部では幻のかき氷ともいわれているのだとか。いったいどんなお味なのでしょう?スイカ氷の魅力や食べられるお店についてもご紹介します。

三重・和歌山の隠れ名物「スイカ氷」

かき氷をスイカ状にした幻のかき氷、「スイカ氷」。和歌山、三重の熊野エリアでは隠れ名物として多くの方に親しまれています。

ただのかき氷と侮るなかれ!一度食べれば感動もの!今回は、そんな「スイカ氷」についてご紹介しましょう。どこで食べられるのでしょうか?味はスイカ?香りは?など気になる「スイカ氷」の詳細はいかに?

かき氷の名店・和歌山「仲氷店」

JR紀勢本線新宮駅から徒歩12分の場所にあるこちらのお店。お店の外観は、昭和の雰囲気漂うレトロな作り。昭和ドラマのワンシーンに飛び込んだような気持ちにさせてくれますね。

店頭にはさまざまなかき氷が写真付きで紹介されており、目移りしてしまいます。入り口にはレトロなおもちゃも並んでおり、タイムスリップしたような気持ちになりますよ。
店内は12席。夏場は多くの人が訪れますが、あいていれば座ってゆっくり食べることができますよ。セルフサービスですが、冷たい麦茶も無料提供されています。リーズナブルながらもフワフワのかき氷は地元の方を中心に大人気!

かき氷はボリュームがあり、山のように盛られていますが、フワフワで軽い食感のため、ペロリと食べられてしまいます。一気に食べても頭がキーンとしないのは、良質な氷を使用しているお店ならでは。暑い日にはかきこむように食べてみたいですね。種類が豊富なため、何度も足を運んでしまいます。

スイカ氷は絶妙な口当たり!

見た目を小さなスイカに似せている「スイカ氷」はこちらです。紀伊半島を流れている古座川の水をきれいにろ過して作った氷で仕上げているのだそうですよ。ふわふわの軽い食感にも納得です。

注文してから氷を削ってスイカの形に固めてくれます。割り箸にさし、食べやすい形状にしてくれますよ。お皿に乗せてくれるので、ボトッと落ちてしまっても安心です。食べ終わるまで割り箸から落ちないとの口コミもちらほら。

基本の味付けはメロン味とイチゴ味になっています。見た目はそのままスイカですね。氷がふわふわで絶妙な口当たり!思わず写真におさめたくなる、SNS映えも抜群のひと品です。
「お目当てのスイカ氷やっと食べられました。氷がサクサクではなくてフワフワなので、とても食べやすいです」と、わざわざこのために遠方から足を運ぶ人もいることがうかがえます。
「地元ではとても愛されているかき氷屋さんです。中でもスイカ氷は大好き!お店の雰囲気もよくて、つい立ち寄ってしまいます」と地元の人からの支持もあついんです。

味はお好みで選択可能

基本のシロップは、イチゴとメロンですが、お好みのシロップを選んでオリジナリティあふれるスイカ氷にすることも可能です。

ブルーハワイやマンゴー、グレープなども組合せ方法はたくさん!ビタミンカラーのシロップを取り入れれば見た目もさわやかになりますよ。きれいに色づくのでSNS映えもばっちり!

スイカ氷で暑さをふきとばそう♩

銘水が飲めるとして有名な和歌山の仲氷店。かき氷の決め手ともなる水にこだわって作る「スイカ氷」、一度は食べてみたくなりませんか?こちらのお店以外では三重県にある「さんぺや」「じゅんちゃん」「お好み焼き 鷲尾」でも食べることができます。

近畿方面へ足を運んだ際は、ぜひスイカ氷を食べてみませんか。まずは基本のシロップで、次はお好みでオリジナルのスイカ氷を味わってみましょう。

店舗情報

■店舗名:仲氷店
■最寄駅:新宮駅
■住所:和歌山県新宮市新宮551-12
■電話番号:0735-21-5300
■営業時間:8:00〜20:00
■定休日:無休
■禁煙・喫煙:分煙
■参考URL:https://tabelog.com/wakayama/A3005/A300501/30004308/

特集

SPECIAL CONTENTS