ビアカクテルの代表「シャンディガフ」の作り方やカロリーまとめ

苦みの強いビールが苦手でも、シャンディガフは好きな人も多いですね。今回は、シャンディガフとはどのようなカクテルなのか、くわしい情報をお届けします。シャンディガフの作り方を参考に、お家でカクテルパーティを楽しみましょう。

2017年11月16日 更新

カンパリビア

ちょっとオシャレなカンパリビアは、ロンググラスで飲みたいカクテル。中甘辛口でアルコール弱め、カンパリの真っ赤な色がとても素敵です。

作り方は、カンパリを入れたグラスにビールを注ぎます。カンパリのほろ苦さがビールと相性抜群!キンキンに冷やしたビールで作りましょう。

パナシェ

シャンディガフがお好みなら、パナシェもおすすめです。中甘辛口でアルコール弱め、レモンの爽快感は真夏に飲みたいカクテルですね。名前の由来はフランス語で”混ぜ合わせる”という意味です。

作り方はビールを注いだグラスをレモネードで満たします同量で割るとすごく軽い味のカクテルが完成して、何杯でも飲みたくなりますよ。

シャンディガフで乾杯!

ビールをベースにしたシャンディガフの由来いかがでしたか。古くから海外で親しまれ、各国で愛されてきました。日本にも古くからあり、ビールが苦手な人でも好んで飲むカクテルです。

ビールベースのカクテルは、爽やかな飲み口が特徴です。シャンディガフは、より爽快感が感じられるジンジャーと割ることで飲みやすさがアップします。他にも、ビールベースのカクテルをご紹介しましたが、暑い季節にグイグイ飲みたいカクテルばかりでしたね。

お家で気軽にカクテルを作って、カクテルパーティを楽しんでくださいね。
▼お家でもっとカクテルを楽しもう!
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう