常温はNG!みょうがの保存方法&保存期間【やり方別】ガイド

薬味にぴったりのみょうが。たくさんもらったとき、どのように保存すればよいのでしょうか?ここでは、みょうがの保存方法や保存期間を詳しく解説します。おいしい活用レシピもあわせてご紹介するので、試してみてくださいね。

2019年9月19日 更新

みょうがの保存方法

木製の器に山積みにされたみょうが

Photo by Snapmart

香りが高く、さっぱりとした味わいのみょうが。夏が近づくとスーパーでも販売されるようになりますね。

ところで、みょうがの保存方法をご存知ですか?みょうがをおいしく長持ちさせるには、どんな保存方法がむいてるのでしょうか?

今回は、みょうがの適保存方法と保存期間について詳しくご紹介していきます。

みょうがを保存する前に!下処理の仕方

はじめに、みょうがを保存する際のポイントをご紹介します。

スーパーで販売されているみょうがは、基本的にきれいなものが多いですが、ときどき土やほこりの付いているものがあるので、きれいに拭き取り、軸部分が傷んでいたら切り落としましょう。

そのあとは、そのまま保存すればOK!カットしたあとに保存することも可能です。

ただし風味が損なわれるので、できればカットせず保存した方がいいでしょう。食べる直前にカットする方が、みょうがの風味を楽しめますよ。

【冷蔵】みょうがの正しい保存方法

みょうがには、複数の保存方法があります。それぞれの方法を詳しくご紹介します。

キッチンペーパーに包んで保存

キッチンペーパーなどを軽く濡らし、みょうがをくるみましょう。ビショビショにするのではなく、軽く濡らす程度で十分ですよ。そしてキッチンペーパーや新聞紙で包んだみょうがを、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存しましょう。

キッチンペーパーは2日から3日を目安に取り替えましょう。
1 / 8

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

ちあき

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう