常備しておけば大活躍!「ほうれん草」の冷凍保存方法と活用レシピ

「ほうれん草」を長持ちさせたいのなら、冷凍保存すればグンと日持ちすることをご存じですか?冷蔵庫で放置するとすぐにヘタッてしまい、鮮度はガタ落ち…。今回は、ほうれん草の冷凍保存や冷凍ほうれん草の活用レシピなどまとめてご紹介します。

2019年12月4日 更新

3. 常備菜におすすめ!じゃこ入り3色炒めナムル

にんじんはスライサーで千切り、えのきは石づきを取り半分の長さに切りましょう。フライパンにごま油を引き、とりめんじゃこを入れて中火で炒め、香ばしいかおりがしてきたら、にんじん、えのき、冷凍ほうれん草と酒、塩、ガーリックパウダーを加え、さっと炒めたら完成です。

4. レンジで簡単!ほうれん草とえのきの春雨サラダ

耐熱ボウルに千切りにしたにんじんを入れたら、ふんわりとラップをしレンジで加熱します。そこにえのきとほうれん草も加え、再びラップをかけて、レンジでさらに加熱しましょう。ほぐしたカニカマ、お酢、醤油、砂糖、ごま油を加えて混ぜたら、冷蔵庫でよく冷やし、春雨の上に盛り付けたらできあがり!

5. 洗い物も楽々!マグカップミルクスープ

サーモンは角切り、しいたけは薄切りにしておきましょう。マグカップにしいたけ、サーモン、ほうれん草、水、コンソメ、牛乳を加えたら、ラップをふんわりかけてレンジで加熱しましょう。加熱が終わったらさっと混ぜて、ブラックペッパーをかけたらできあがりです。

栄養豊富な緑黄色野菜をいつも食卓へ

食卓に彩りを添えてくれるほうれん草。女性が不足しがちな鉄分やミネラル、ビタミンが豊富なお野菜です。ぜひ、お肉などと組み合わせて上手に取り入れていきましょう。 なお根元の赤い部分も、鉄分やマンガンと呼ばれる栄養素が含まれているそうです。根元はざっくりと切り落とすのではなく、よく洗って細かく刻み、お味噌汁の具材に使うとよいかもしれませんね! 大量のほうれん草を買ってしまうと、保存するために小分けにしたり、事前に茹でたりするのは手間だな……と思うかもしれません。しかし、足がはやい野菜なので、面倒がらずに一気に冷凍保存しましょう!傷んで食べられなくなってしまう前に、栄養素を失わないうちに、ぜひ賢く保存して食べ切りたいですね。
▼ほうれん草のおいしいレシピ、まとめてチェック!
4 / 4

特集

FEATURE CONTENTS