クリームの海を泳ぐ!銀河工場「金魚ロール」は切るたび楽しい奈良名物♩

金魚で有名な奈良県大和郡山市、街のあちらこちらで金魚を目にしますね。そこで、アイスやロールケーキを販売している銀河工場の「金魚ロール」を見つけました。スポンジやクリームの中を金魚が泳いでいるんです!販売店から通販情報までご紹介します。

ロールケーキの中を金魚が泳ぐ♩

奈良県大和郡山市は“金魚の街”としても有名ですよね。マンホールや看板など、街のあちらこちらに金魚が描かれています。なんと、テレフォンボックスの中にまで金魚がいるスポットまで……!さすが、金魚の街ですね。
そのなかで、こんなコラボ商品を見つけました!それは金魚ロールです。スポンジの上やクリームの中を金魚が泳いでいるように見えませんか。このロールケーキはどこで販売されていて、どんな特徴があるのでしょう。くわしくご紹介します!

奈良 大和郡山「銀河工場」で販売!

金魚ロールを販売しているのは、同じく奈良県大和郡山にある「銀河工場」です。道路沿いには、こんな大きな看板も設置されています。電車だと、お店まで郡山駅西出口から歩いて約23分、筒井駅出口からは約25分です。
コンクリートの建物の外壁に、黄色い文字で“銀河工場”と大きく書いた店舗名が目印。入り口には3種類の金魚ロールのパネルが貼られています。金魚ロールって3種類あるんですね。
座席数6席のこぢんまりとした店内、落ち着いた色合いのテーブル席です。お店の中は完全禁煙、駐車場もあります。毎週火曜日が定休日なので、平日来店できない人は、週末に買いに行くことができます。
ちなみに「金魚ロール」のほかにも黒糖、きな粉などさまざまなフレーバーの無添加アイスクリーム、ロールケーキ、シフォンケーキなども購入できます。

金魚の街が生んだ「金魚ロール」

金魚ロールは「名産を生かした地域活性化を」と発案されたスイーツで、北海道産100%純生クリームの中をイチゴムースの金魚が2匹泳いでいるのが特徴です。ムースに使われているのはオーガニック認証を受けたイチゴで、ゼラチンの代わりに寒天が使用されています。
スポンジ生地は、奈良市内の契約牧場の搾りたて牛乳を使っています。上から見るとブクブク白い泡が浮かんだ水槽の中を金魚が気持ちよさそうに泳いでいるみたいですね。
生地はふわふわ、中のクリームは甘さ控えめ。金太郎飴のように、切っても切っても金魚が現れます。スポンジの周りにも金魚の柄が入っているのは、ロールケーキを切って横にしたときに、仲間といっしょに泳いでいるように見せるためだそうです。
金魚ロールを食べた人は、「イチゴクリームとイチゴムースが甘過ぎず爽やかだけど物足りなさを感じない丁度いいバランス。ついつい二切れ目に手が伸びてしまう旨さ」「めっちゃかわいいし、甘過ぎない。苺もつぶつぶ感もあったりしてほんとおいしい」と話しています。

出目金ロールもあります♩

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

peridot99

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう