【2018年版】夏の醍醐味♪ 東京・関東で「流しそうめん」を体験できる店8選!

夏の風物詩「流しそうめん」を体験したことがありますか。東京の「鮒宿」や神奈川の「茶屋かど」などが有名ですが、そのほかにも人気のお店がたくさんあるんですよ。2018年夏、東京・関東で流しそうめんを楽しめるお店をピックアップしてご紹介します!

2017年11月28日 更新

店舗情報

■店舗名:茶屋かど
■最寄駅:JR横須賀線 北鎌倉駅から徒歩11分・車で3分
■電話番号:0467-23-1673
■営業時間:10:00~17:00(夜間は予約営業もOK)
■定休日:不定休
■流しそうめんの営業期間:2018年3月末~10月末
■参考URL:https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140401/14011387/
■公式Facebook:https://ja-jp.facebook.com/pages/%E8%8C%B6%E5%B1%8B-%E3%81%8B%E3%81%A9/469158493174347

3. 千葉・習志野「ボンゴ ヴィラ」

※移転前の画像です

東葉高速線の八千代緑が丘駅から南西へ歩いて10分ほどのところ、県道61号線に面した敷地内にあるブルーシートで覆われたビニールハウスのお店。砂利敷きの10台ほど駐車可能なスペース横の繁みのなかにある、バーベキューと流しそうめんが売りのカフェパブです。

※移転前の画像です

ビニールハウスの骨組みとブルーシートはそのままに、フロアを施した店内はかなり広く照明や提灯などがたくさんぶら下がっている、不思議な雰囲気のお店です。テーブル席を中心にお店のなかに60席、北側に設けられたウッドデッキにテラス席が15席ほどあります。

流しそうめんはBBQの追加メニュー♪

1人前 400円(税込) ※移転前の画像です

北側のウッドデッキで炭を入れたBBQコンロの上に網を敷き、セルフで焼きながらいただくバーベキューセットがあります。それの追加オプションとして流しそうめんが利用できるそうです。

テラス席の北側の骨組みに沿うように半割の竹筒が並べられ、こちらもセルフで左から右へそうめんを流しながらいただけます。最後の〆などにぴったりな夏の風物詩として人気のメニューです。

店舗情報

■店舗名:ボンゴ ヴィラ
■最寄駅:京成本線 実籾駅から車で29分
■電話番号:047-409-9855
■営業時間:
月・火・木・金・日18:00~翌1:00(L.O.24:00)
土17:00~翌2:00(L.O.1:00)
■定休日:水曜日
■参考URL:https://tabelog.com/chiba/A1202/A120204/12001896/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/Bongovilla%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%A9-860130570701797/

4. 山梨「兜山 流しそうめん 」

JR中央線の山梨市駅からタクシーに乗って西へ8分ほどのところにあるお店。日本3大夜景といわれる「笛吹川フルーツ公園」や、「ほったらかし温泉」へ行く途中にあります。太い丸太を門柱にして切妻屋根をのせた棟門に、自然木の看板など、趣きがあっていいですね♪
山梨100名山に選ばれた兜山の麓にある流しそうめん専門店です。例年5月上旬ごろから10月中旬くらいまでの限定営業で、それ以外の期間は閉店しています。夏は木々が陽射しをさえぎり、川のせせらぎが涼しさを感じさせてくれる、さわやかで清涼感あふれる場所です。

冷たい地下水で回る!「流しそうめん」

1人前 600円

店外にある長い竹筒でも流しそうめんを楽しめますが、シーズン中は混雑し順番待ちになります。家族や仲間同士でゆっくりいただくなら、御影石で作られた円卓のなかをぐるぐる回る店内のテーブル席をおすすめします。冷たい地下水で流れるそうめんの味は格別ですよ。

そのほかにも野菜の天ぷらや鶏の唐揚げ、揚げナスなどのサイドメニューが充実しているのがうれしいですね♪
2 / 5
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

☆ゴン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう