1枚ずつ手作り…!シドニー発「フラワーゼリーケーキ」が息をのむ美しさ♩

シドニーの「ラ・フロレゾン」で提供されている、お花をゼリーの中に閉じ込めたようなスイーツ『フラワーゼリーケーキ』が、見た目も華やかなだけでなく食べてもおいしいと話題に!SNSでじわじわと人気が上がってきている人気のスイーツをご紹介します。

美しく儚い…フラワースイーツが話題♩

最近では、食べられるお花を使ったお料理が注目を浴びています。よく聞くエディブラルフラワーとは、安心して食べられるようにつくられたお花のことで、品種もたくさんあり、さまざまなカラーも楽しめます。
そんな中、いま海外で話題なのが、一輪の花が咲くゼリーです。ゼリーの中にお花を閉じ込めちゃうなんて、なんだかとってもロマンチックですよね。そんな女性に大人気! いま注目のスイーツをご紹介します。

オーストラリアを中心にSNSで大人気!

フラワーゼリーケーキとは、南米ペルー発祥の美しい模様が特徴のスイーツで、おもにお祝いごとのときに食べられます。海外で人気に火がつき、インスタグラムなどで拡散されるようになると日本でも話題に。
SNSにも映える美しさから、女性などに大評判となっているようです。海外では「3D Flower Jelly」と呼ばれ、人々から親しまれています。
見る人を魅了する素敵なゼリーですが、実は中に閉じ込められているのはエディブルフラワーではありません。なんと、ココナッツクリームとミルクで花びらを一枚一枚つくっているのです!

食べられるのはココ「ラ・フロレゾン」

シドニーにある「ラ・フロレゾン(La Floraison)」。タウンホール駅から徒歩2分ほどのところにあるカフェです。
‟CAFE・FLOWER・MORE”というコンセプトのため、店内はお花で埋め尽くされています。ユニコーンの顔がデコレーションされたカップケーキや、アニメキャラクターや顔文字のかわいらしいドリンクが飲めると、若い女性を中心に人気を集めているんです。

全て手作りのフラワーゼリーケーキ

透明なゼリードームのなかにお花を閉じ込めた3Dスイーツ。まるでお花を閉じ込めたような美しい外見ですよね。
中に閉じ込めるお花の色によって印象が変わってとっても素敵です。
実際にフラワーゼリーケーキを食べた人は「とても繊細でスプーンを入れるのがもったいない」「ビジュアルがSNS映えする」という声が多いそうです。

特集

SPECIAL CONTENTS