東京を代表するラーメン店!門前仲町『こうかいぼう』のコク旨スープに痺れる

門前仲町で有名なラーメン屋と言えば、『こうかいぼう』。パンダだらけの店内は綺麗で可愛らしく、女性が行っても全く問題ないんです。そんなこうかいぼうの魅力をたっぷりお伝えします。これを読んだら、わざわざ足を運びたくなること間違いなしですよ!

2017年3月27日 更新
こんにちわ、カレーマンだよ!

今さらなにを言うこともない超名店だけど、今日はカレーマンがだいすきなラーメン店を紹介するよ!

ここだーーー!
撮り方が悪くてどこなのかわからないよ!
でも、ラーメン通ならわかっちゃうよね。
そう。こうかいぼう!
最初の写真で分かっちゃった人は、ラーメンマンに認定。
パンダののれんがかわいいね!
店内に入ってもまずパンダがお出迎え。

ロッド・スチュアートがしっとり流れてるよ!

いらっしゃいませ!
ロッド・スチュアートと激うまラーメンに身を委ねる店内はこんな感じ。
奥にテーブル席も2席あるよ!

MENUはこんな感じ。
安い!シンプル!
ちなみに英語表記したのは、すっかりジャズ気分だからだよ!単純だね!
で、ちゃーしゅうごはんセットに味付たまごを注文。

ラーメンの到着を楽しみに待ちながら正面を見上げると…
またパンダーーー!
しかも実写。リアル。

いかにパンダ好きとはいえ、守備範囲広い!

そして右を振り返ると…
パンダじゃなーーい!

と思ったらこれはFIATのPANDAだーーーーー!
どんだけパンダ好きなのよ。

そしてまさか正面にあるあの置物は…!
パンダじゃなーーーーーい!!
まだラーメンの姿すら拝んでいないのにこの振り回されっぷり。

も、もうどうにでもして!

と、1人気味悪く悶えていると、それを見計らったかのように登場ーー!
どーーーん!

それではお1人ずつ紹介しよう。
らーめん。味付たまごトッピング。
撮る角度が悪くてせっかくのたまごがよく見えない。
ちゃーしゅうごはん。

以上!

さて、紹介も済んだところでさっそく食べるよ!
一日一杯のみそ汁の如く、というコンセプトのプースー。

初めはちょっと優しすぎるかもしれません、とは店主の言だけど、それはあくまで塩気の話。
強烈な魚介出汁が口の中をあっという間に占領するよ!
こ、これはうまい!
麺は中太のストレート。

プースーをすするがごとく、スルスル〜と吸引できちゃう。

まったく吸引疲れしないよ!
メンマは太くて食感のアクセントに。
ちゃーしゅうはトロッとしつつもしつこくない、おじさんにも嬉しい仕上がりだよ!
ちゃーしゅうごはんのちゃーしゅうは、味つけしっかりめ。

このちょっとの工夫が嬉しい!

海苔の風味とタレの味わい。ごはんに合う〜。
プースーを合わせたいところだけど、濃い味つけとの相性もあるし、このタレを楽しむ上でも、そこはぐっとガマンしてちゃーしゅうとごはんだけを楽しむべし。
そしてトッピングの味付たまご。

真ん中を割ってみると…
うっひょーーーー!
完璧すぎる仕上がり!

ミシュラン☆☆☆の京都の超高級料亭「瓢亭」の名物であるたまごに例える人がいるくらいの完璧なたまご。

と、いちいち感激して楽しんでいると…
あっという間におしまいになっちゃった!

しかし、この頃にはちゃーしゅうごはんが、こんな感じになってるはず!
すっかり白米。
もちろん、この後の展開はわかるよね!
白米を口に含んで米の甘みを楽しみつつ…
プースーで追い討ち!!
ぐはーーー!

うまーーーー!

まさに一日一杯のみそ汁の如く、相性バツグン!
いやしかし、みそ汁ならこの食べ方じゃない!

やり直し!!


こうして…
こうだーーー!
丼ごとすすれーーーー!
こ、これだ。

これこそ、みそ汁の如し。

てことでごちそうさまでした!
否、丼の底にちょっと魚介出汁らしきものが残ってる!!
てことで、キレイにペロリ。

そのくらい滋味深い魚介出汁。

豚のゲンコツ・鶏ガラ・こんぶ・煮干・たくさんの野菜・かつおぶし、という構成みたいだけど、感覚的には魚介80%の、動物と野菜で40%。
合わせて100%超えてますがな!
というような感じ。

ちなみにこの店を名店たらしめているのは、味だけでなく接客。

女将の思いやりのある自然で流れるような動きと言葉にうっとりすること間違いなし。

プースー切れ終了のことも多いけど、ぜひ足を運んでみて!

こうかいぼう

住所:東京都江東区深川2-13-10 ニックハイム深川 1F
電話番号:03-5620-4777
営業時間:[月・火・木・金]11:00~15:00、17:30~売切れ次第閉店、[土・祝]11:00~15:00(売切れ次第閉店)
※定休日は、水曜・日曜※祝日でもお休み
参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13005052/
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

カレーマン

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう