レモンは冷凍保存で長持ち、香りアップ!おすすめ活用レシピも必見

香りづけや飾りとして、多くの場面で活躍するレモン。冷凍保存すると便利なのをご存知ですか?あまらせてしまいがちなレモンを無駄なく活躍させるために、冷凍保存の方法を用途別にご紹介します。冷凍レモンを使うおすすめレシピもあわせてチェックしてみてくださいね。

2020年6月30日 更新

冷凍レモンの活用レシピ4選

1. レモン果汁で。焼きパプリカのハニーレモンマリネ

Photo by macaroni

調理時間:30分 ※調理時間は、味をなじませる時間を除きます。
マリネに使うことが多いお酢の代わりに、レモン果汁で作る爽やかなひと品です。焼いて甘みが増すパプリカと、酸っぱいレモンの相性が抜群。はちみつのやさしい風味がプラスされて、常備菜やワインのお供にぴったりですよ。

2. 輪切りレモンと果汁で。かぼちゃのレモン煮

Photo by macaroni

調理時間:20分
和食の定番かぼちゃの煮物を、レモンとはちみつで洋風にアレンジしてみませんか?お醤油やお出汁を使わずに煮るので、スイーツにも副菜にもなる便利なひと品に仕上がります。冷凍レモンの輪切りをストックしておけば、お鍋に入れるだけなので手間いらずですね。

3. レモン果汁で。はちみつレモンのヨーグルトムース

Photo by macaroni

調理時間:40分
ふたり分でレモン果汁を2個分使う甘酸っぱいムースです。ヨーグルトと一緒に混ぜているので爽やかな風味に仕上がりますよ。レシピではレモンの皮を器に使っていますが、冷凍レモンの皮はやわらかくなっていて器に使いづらいので、グラスに入れてもOK。

4. 冷凍丸ごとレモンで。ウィークエンドシトロン

Photo by macaroni

調理時間:40分
レモンの皮と果汁を生地に加えるウィークエンドシトロンは、焼いている間からレモンの香りが広がってとても贅沢な気分。バターを多く使うケーキですが、レモンのあと味がさっぱりで、ついつい手が伸びるおいしさです。お気に入りの紅茶やコーヒーと一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?
▼レモンを使ったレシピ、こちらもチェック!

冷凍レモンはとても便利!

冷凍レモンは、メインの味付けだけなく、味を引き立てる役割としてとても便利。切り方を変えることで、いろいろなレシピに使えますね。

大量のレモンをいただいたり特売で多く購入したときに冷凍保存しておけば、長持ちさせることもでき、使用する際の手間も省けますよ。今まで使いきれずにあまらせてしまったという方も、これなら無駄なく使いきれそうです。

冷凍レモンを上手に活用して、毎日の食卓にプラスしてみてくださいね。

特集

FEATURE CONTENTS