ローディング中

Loading...

とんかつを作るとき、どの肉の部位を使用していますか?そもそも、とんかつにおすすめの部位ってあるのでしょうか?ロースやヒレなどそれぞれの部位の特徴や、とんかつに仕上げたときのカロリーなどについて詳しくご紹介します。

とんかつにおすすめの部位はどこ?

いざ、とんかつを作ろうと思ったとき、どの部位を使えばいいか悩んでしまうことはありませんか?使い勝手のいいロースや柔らかヒレ、から揚げにするとおいしいモモと様々なお肉が販売されています。それぞれの部位について特徴を知り、おいしいとんかつを作りましょう。

また、とんかつを食べるときには、ついついカロリーも気になってしまうもの。お肉の部位とカロリーについても一緒にご紹介していきます。豚肉の部位の特徴を知っておけば、とんかつだけではなく、今後の料理に役立つはずです。

ロースか、ヒレか

とんかつを作る際には、ロース肉を選ぶ方が多いようです。一口カツなどを作るときにはひき肉を使うケースが多いのだとか。それぞれの肉で作ったとんかつの特徴を紹介しましょう。

ロース肉のとんかつ

ロース肉は肉質が非常に柔らかく、キメが細かい部位になります。脂身も程よく含まれているので、旨味の凝縮された部位とも言われますね。

ある程度の厚みがある状態でも柔らかく、肉と脂の甘さを感じられるのでとんかつには一番向いているといえます。

ヒレ肉のとんかつ

ヒレ肉も、とんかつにするには人気のある部位です。ヒレ肉は豚肉の中で最も良質だとされており、脂肪分が少ない特徴を持っています。

さっぱりとした味わいなので、一口ヒレカツなどに用いられることも多いですね。とんかつのほか煮込み料理などにもぴったりです。

もも肉のとんかつ

もも肉はとてもさっぱりとした部位です。ヒレ肉ほどではありませんが、調理法によってはとてもしっとりした仕上りになります。とんかつのほか、ローストポークなどに使用されることが多い部位でもあります。

お肉の特徴から考えていくと、とんかつにはロースが一番向いているようです。ボリュームもありジューシーな仕上がりになるのが特徴。ヘルシーでさっぱりとしたとんかつや、一口サイズのコンパクトなとんかつを作る際にはヒレ肉が向いています。
▼せっかくなら、作り方にもこだわりたい!

その他の部位

豚肉には様々な部位がありますが、それぞれの部位について簡単にご紹介しましょう。

外もも肉

外もも肉は脂肪分が非常に少なく、とても柔らかいのが特徴です。どの料理とも相性はいいですが、特に角煮や豚汁などに用いられています。淡白な味わいなので、どの料理にも使える部位ですね。

バラ肉

バラ肉は脂身が濃厚で、三枚肉とも呼ばれていますベーコンや焼き豚、角煮を作る際にぴったりの部位です。骨がついた状態で調理すれば、スペアリブになりますよ。脂身のおいしさを味わうのであれば、バラ肉が一番人気です。

肩肉

肩肉は、赤身と脂肪のバランスがちょうどよく、濃厚でもしつこくない味わいの部位です。カレーなどの煮込み料理に使用するほか、焼肉やしょうが焼きなどにも人気。網目状の筋が多いロース肉は加熱すると縮むので、調理前に筋切りをしておきましょう。

関連タグ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

やっぱり気になる!?カフェのフードメニューカロリーをまとめてみた。

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

意外と知らない「グラノーラ」「オートミール」「ミューズリー」の違いまとめ

流通経済研究所の調査によると、3月17~23日のパン・シリアル類売り上げランキングに、シリアルとしては初めてカルビーの「フルグラ」が7位にランクイン。2010年、目黒のシリアル専門店「GMT(グッド・モーニン…

【意外すぎ!】 ナマコは“海の朝鮮人参”? その驚くべき栄養価とは!?

グロテスクな外見とブヨブヨとした触り心地が敬遠されているナマコ。実は、その体は多くのコラーゲンやコンドロイチンを含み、ビタミンB、ビタミンE、鉄、亜鉛などのカルシウムを豊富に有する、別名「海の朝鮮人参」といわ…

低カロリーすぎるお肉「オーストリッチ」! 食べないワケにはいかない3つの理由

「オーストリッチ」というお肉をご存知だろうか? なんでもダチョウ肉のことを指すようで、低カロリー、低コレステロール、高タンパクという栄養価に優れた肉なのだという!! しかも、その味は牛肉に近く、クセも全くナシ…

スポーツ後の炭酸飲料NGは迷信?炭酸飲料が身体に与える『いい影響』『悪い影響』

夏になると、爽やかなサイダーなどの炭酸飲料を飲みたい気分になります。しかし炭酸飲料は身体に悪いとか、飲むと太るとか、骨が溶けるとか、マイナスな情報が次々に聞かされます。炭酸飲料を飲む事がそんなに身体に悪いんで…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

これは便利!知っておくと役に立つキッチンの裏技!キッチンライフハック22選

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

知っておこう!朝食で食べるといい食品10選

一日のスタートである朝食は大事だといわれていますよね。今回は特に朝、何を食べるといいかご紹介します。たんぱく質やミネラルなど、体の健康を維持するために必要な食品。時間がない朝でも取り入れられるものもあるので、…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

マンネリ脱却!味噌汁の人気の具【定番&変わり種】26提案

日本人の食事に欠かせないお味噌汁。みなさんはお味噌汁の具に何を入れていますか?定番人気の具材はもちろん、ちょっと変わった具材が好みという方もいるでしょう。1日の食事を通してあると嬉しいお味噌汁、今回は色々な具…

違いを言える?リングイネとは?種類&ソースの相性も解説!

「リングイネ」とは、すぐにどんなパスタか思い浮かべることができますか?弾力があり、もちもち食感のリングイネはパスタ好きの間では大人気です。どんなソースともマッチし、食べごたえのあるパスタ。ぜひおうちイタリアン…

違いが繊細!タリアテッレ・フェットチーネの特徴&種類をガイド

みなさんは、タリアテッレとフェットチーネの違いを説明できますか?太さや原料が同じものだと思っていた方もいるかもしれませんね。意外と知られていない、こんな素朴な疑問を消化しましょう。そして、たくさんの種類のパス…

ページTOPに戻る