連載

ウマすぎけしからん!と話題!ハーゲンダッツ「日向夏」は初夏を感じる贅沢旬味

ローソン限定で発売されたハーゲンダッツのミニカップ「日向夏のパンナコッタ~パイを添えて~」が好評!良い意味でコンビニアイスらしからぬ味わいだと評判になっています。小粋な商品名も気になるこのアイスの味わいを、実食レビューで詳しくご紹介!

ハーゲンダッツ「日向夏のパンナコッタ」発売中!

2017年5月23日(火)、初夏の気分にぴったりなカップアイスがハーゲンダッツから登場しました!その名も「日向夏のパンナコッタ~パイを添えて~」。なんというか、ちょっとしたレストランの小粋なデザートみたいな名前ですよね♩

同じ日には同じくミニカップの「ヨーグルト仕立てピーチミルク」も発売されているんですが、
SNSなどでの評判を見る限り、現状では「日向夏のパンナコッタ~パイを添えて~」の人気が上回っているみたい。特に、その爽やかな風味と食感のよさにテンションを上げている人が多いようでしたよ。
ローソンとナチュラルローソンでしか手に入らない商品ということで、早くも売り切れを起こしている店舗も出始めているという話。その人気の理由を確認すべく、実食してみました!

ところで日向夏って?

このアイスに使われている日向夏。よく知らないという人も多いのではありませんか?日向夏とは、「ニューサマーオレンジ」「土佐小夏」「小夏みかん」などの名称でも親しまれている、ゆずの突然変異種のこと。大きさは温州みかんよりもひと回り大きいくらいで、色は明るいイエロー。上画像のラベルにプリントされた日向夏のイラストを見るとイメージしやすいですね!
酸味は強いですがその味わいは清々しく、内果皮(外皮と果肉の間にある白い皮)と一緒に食べるとほんのりとした甘さを楽しめます。白皮と果肉を一緒に食べる柑橘類って他にはあまりないですよね。その違いが、日向夏好きな人にとってはたまらない味わいとなっています。
毎年、出回るのは5月を過ぎた頃までなので、今の時期以降に日向夏の味を楽しもうと思うなら、このアイスはまさにうってつけです♩

爽やかでつややかな日向夏ソース

プラ製のフィルムをはがし、ミニカップの中身とご対面!ハーゲンダッツのミニカップアイスを食べるたび目にするこのフィルム。これを見るたびテンションが上がるというハーゲンダッツファンも多いんじゃないでしょうか。
天面には、薄い黄色に染まったつややかな日向夏ソース。カップのふちまでしっかり一面を覆っています。
その質感はトロットロ!スプーンで何度か上げ下げしていると、ゆずのような酸味を含んだ軽やかな香りがふわりと漂ってきました。ひと息で胸がすくような、なんとも爽やかなアロマです。

パンナコッタアイスはクリーミー♩

スプーンで日向夏ソースの下を探ると、真っ白なアイスが現れました。これはパンナコッタアイス。牛乳とクリーム、ペクチンで作られたパンナコッタを使ったアイスのようです。

アイスの白にソースの薄いイエローが混じると、こんなにクリーミーなビジュアルに。なんて扇情的なんでしょう……。うーん、食べたい!

ハーゲンダッツ「日向夏のパンナコッタ」を実食

アイスとソースをたっぷりとすくい上げて、まずはひと口。
おっほ♩

濃厚でいてすっきりとした味わいに、思わず声が出ちゃいました。日向夏ソースはなめらかな口当たりで、香りの印象どおりの爽やかで甘酸っぱさ。ほんのりとした苦味がまた、味わいを深めています。

それがパンナコッタアイスとすごく合っています。パンナコッタというとプレーンなミルクの風味を香りの強いソースで楽しむスタイルが一般的と思いますが、このアイスはそれ自体がかなり濃厚。バターのコクと風味が心地よく、クリームチーズやレモン由来の酸味も感じられます。風味の違う酸味が、味わいをより高めているんですね。
加えて、素敵なアクセントになっているのが混ぜ込まれたパイ生地。サクッという食感に気づくたび、贅沢なスイーツを食べているかのような気分になりました。
さすが、「日向夏のパンナコッタ~パイを添えて~」なんて小粋な商品名をつけているだけあるなぁという感じ。いい意味でカップアイスらしからぬ味わいの逸品でした♩

コンビニアイスらしからぬ贅沢な味わい

特集

SPECIAL CONTENTS