独特の食感!焼き鳥「皮」のレシピ3選

8. フライパンでタレとり皮

とり皮だけの焼き鳥です。皮から脂がかなり出るのでフライパンには油を引かず、重ならないように並べて焼きます。塩味のほかに鍋で合わせ調味料を沸かし、煮詰めてタレを作ります。味はお好みでどちらでも。 とり皮は脂が多くて焦げやすいので、フライパンのほうが失敗が少ないかもしれません。

9. グリルでとり皮の塩焼き

おつぎはグリル!串刺しにした鶏皮をグリルで両面焼き、醤油・砂糖・みりんで作った甘辛ダレにつければ完成です。

10. オーブンで焼き鳥

オーブンで焼き鳥を焼きましょう!とり皮はサッと熱湯で下ゆでして水洗いし、アコーディオン状に折りたたんで串に刺して焼きます。串元は焦げないようにアルミホイルを巻いておきましょう。 オーブンのメリットは直火のように、頻繁に裏返す手間がいらないことです。
▼鶏皮は、いろんな食べ方ができる万能食材!

香りにつられる!焼き鳥「ねぎま」のレシピ3選

11. ホットプレートでねぎまの焼き鳥

ホットプレートでお手軽ねぎまレシピです。多めに作っておけば、お弁当にも便利ですよ。

12. フライパンで簡単ねぎま塩

鶏もも肉を串に刺したら、湯通しするのがポイント。素材の温度を上げて火の通りをよくします。鶏肉が少し収縮するので串から抜けにくくなり、余分な脂も落ちるメリットがあります。 お塩だけのシンプルな味付けで、むしろ素材のうま味、甘みをひき出しています。鶏や鴨は、長ネギとの相性が抜群ですよ。

13. 塩麹漬けのねぎま串

保存袋で市販の塩麹に鶏肉を漬け込み、串刺しにしてフライパンで焼くだけのレシピです。塩麹以外にほかの調味料は不要!しかも、手でホロリとくずれるくらい、お肉がやわらかくなります。 塩味だけでなく麹がお肉の持っている甘みを引き立てて、さっぱりとジューシーに味わえますよ。

特集

FEATURE CONTENTS