連載

「ポテトチップス岩下の新生姜」爆誕!ジューシーな味の再現度にぶっとび〜!

2017年5月23日(火)、「ポテトチップス 岩下の新生姜」が全国のローソンで先行発売されました!開発に2年半かけた記念すべきひと品。爽やかなあの味わいをポテトチップスで再現できているんでしょうか?実食レビューでご紹介します!

2017年5月27日 更新

「ポテトチップス 岩下の新生姜」爆誕!

「ポテトチップス 岩下の新生姜」爆誕!

Photo by macaroni

新生姜を模した「新生姜ペンライト」を発売するも中止になったり、新生姜カラーのニーハイソックスを発売したりと、ユニークなアイデアで注目を集め続ける「岩下の新生姜」が2017年で発売30周年を迎えました!
これを記念して、2017年5月23日(火)、「ポテトチップス 岩下の新生姜」が全国のローソンで先行発売。新生姜味のポテトチップスってどんな味?実食レビューでご紹介します!

新生姜カラーのパッケージ!

新生姜カラーのパッケージ!

Photo by macaroni

明るい新生姜ピンクが売り場で異彩を放っていました。中央に商品ロゴ、袋右側にビールと新生姜の写真が入っているこのデザインは、「岩下の新生姜」のパッケージそのまま!パッケージを見た瞬間「岩下の♩新生姜♩」とおなじみのCMメロディを口ずさんじゃいそう。
パッケージ左下部には「発売30周年 岩下の新生姜」の大きなロゴ、左上部には「山芳製菓」のロゴが入っています。両者の代表商品である「岩下の新生姜」と「わさビーフ(R)」が2017年に30周年を迎えることから、今回のコラボが実現したんですよ!2014年の着想から約2年半かけて開発されたんだとか。人気商品がタッグを組んだ味わい、期待に胸が高鳴ります!
新生姜カラーのパッケージ!

Photo by macaroni

パッケージ左下に、小さな注意書きを発見。
※本商品の生姜パウダーのうち、7%が岩下の新生姜パウダーです。
※写真は味のイメージです。
7%が多いのか少ないのかはちょっとわかりませんが、残りの93%は別の生姜ということ。みんな大好きな新生姜のあの味が再現されているのかちょっぴり心配になりました……。

「ポテトチップス 岩下の新生姜」を実食!

「ポテトチップス 岩下の新生姜」を実食!

Photo by macaroni

お皿に取り出しました。色は普通のポテトチップスと変わりません。袋を開けた瞬間、酢の香りがふわりと鼻をくすぐり、食欲をかき立てられます。
まずはひと口。舌にのせた瞬間、胸をきゅんと締め付けるようなほのかな酸味が広がります。そのあとを追いかける生姜の辛み。新生姜そのものの味わいが再現されました!でも、期待していたよりも味が弱い……。そのあとに感じられるポテトの力強い味わいにかき消されてしまいます。がっかりしかけたその時です。
編集部K「舌と上顎でぎゅっとはさむとめっちゃ味するよ!」
何言ってんの……。舌と顎でポテトチップスしぼるとかちょっと独特すぎない?半信半疑でマネしてみると
ジュワッ!岩下汁があふれ出した!
実際に汁が出てくるわけではないんですが、漬け液たっぷりの新生姜を頬張った時のジューシーな味わいがしっかりとよみがりました!舌と上顎でしぼるのすごいぞ!「岩下の新生姜」の味わいを見事に再現したポテトチップスでした。

新生姜色の生き物登場

新生姜色の生き物登場

Photo by macaroni

「独特な食べ方すごいね!おいしいね!」と盛り上がる編集部員たちの一瞬の隙をついて、どこからか謎の生き物が……!あ、コラッ!なんなんだ君は!
新生姜色の生き物登場

Photo by macaroni

この子は、栃木県にある「岩下の新生姜ミュージアム」の公式キャラクター。「岩下の新生姜アルパカちゃん」です!新生姜の爽やかな香りに誘われて来ちゃったんですね。誇らしげなドヤ顔がかわいい……。

隠れたテーマパーク「岩下の新生姜ミュージアム」

隠れたテーマパーク「岩下の新生姜ミュージアム」

Photo by macaroni

「岩下の新生姜ミュージアム」は、新生姜について楽しく学べるミュージアム。素材や製法、これまでのCMの歴史などまじめにお勉強できるスペースもありますが、ほとんどが楽しいフォトスポットになっているんです。こちらは、巨大なパッケージに入って新生姜になれるスポット。
隠れたテーマパーク「岩下の新生姜ミュージアム」

Photo by macaroni

夢の国の「ミッ●ーの家」のような「新生姜の部屋」や「ジンジャー神社」、新生姜の漬け液を使った「岩下漬け」体験コーナーなど盛りだくさん!こんなに充実しているのに入場無料!体験コーナー以外、誰でも自由に好きなだけ楽しめるんです。岩下社長太っ腹!
施設内の「カフェニュージンジャー」では新生姜をたっぷり使ったメニューを食べられるほか、ショップには他では買えないオリジナル商品もそろっています。

施設概要

■施設名:岩下の新生姜ミュージアム
■住所:栃木県栃木市本町1-25
■電話番号:0282-20-5533
■営業時間:施設 10:00~18:00、カフェ 11:00~18:00(L.O. 17:30)
※ライブ・イベント開催日は閉館時間が変更になる場合がございます
■定休日:月曜日・火曜日(祝祭日は除く)、
年末年始
■公式HP:http://shinshoga-museum.com/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_review

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう