スタバ初!2種の「コールドブリュークリームフロート」が全国登場

スタバから、エアリーな口あたりと優しい甘さの2種のコーヒー「コールドブリュークリームフロート」が登場。甘さ、ミルク感、飲み心地がクセになるエアリーで優しい味わいのドリンクです。2タイプのアイスコーヒーもラインナップ♩

2018年10月5日 更新

エアリーな口あたり♩「コールドブリュークリームフロート」

2017年5月24日(水)より、スターバックス コーヒーに2つの新商品が登場。

同社で初となるコールドブリューコーヒー(水出しコーヒー)にエアリーな口あたりが特長のクリームフォームと、ほんのりと甘いフレーバーシロップを合わせた『コールドブリュー クリームフロート バレンシア』と『コールドブリュー クリームフロート ヘーゼルナッツ』が、全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)にて発売されます。

“甘さ、ミルク感、飲み心地”がクセになるコーヒードリンク

「コールドブリュー クリームフロート バレンシア」(写真左):Tall 420円(税抜)、「コールドブリュー クリームフロート ヘーゼルナッツ」(写真右):Tall 420円(税抜)

「コールドブリュー クリームフロート バレンシア」(写真左):Tall 420円(税抜)、「コールドブリュー クリームフロート ヘーゼルナッツ」(写真右):Tall 420円(税抜)

『コールドブリュー クリームフロート バレンシア』と『コールドブリュー クリームフロート ヘーゼルナッツ』は、 いつでも何度でも楽しめるような、“甘さ・ミルク感・飲み心地”がクセになるコーヒードリンク。

どちらもトップにフレーバーシロップと、このドリンクのために開発されたエアリーでライトな質感のクリームフォームがトッピングされ、優しい甘さとふんわり口の中で溶けるミルク感を与えられています。

ベースとなっているのは、熱を加えず水でゆっくりと時間をかけて抽出するコールドブリュ ーコーヒー。通常スターバックス店舗で提供されているアイスコーヒーは、お湯で抽出した後に急冷することで味わいが凝縮され、切れの良さをダイレクトに感じられます。それに対しコールドブリュー コーヒーは、特別にブレンドしたコーヒー豆が贅沢に使用され、14時間かけてじっくり抽出することで、豆のもつ味わいが存分に引き立ち、奥深さと豊かな味わい、そして驚くほどなめらかな口あたりが生まれます。

「アイスコーヒーをブラックでゴクゴク飲むのは力強すぎるからミルクを加えているけど何かもう少し特別感が欲しい」 といった方や、「重くない方がいいけど、ほんのちょっとだけすっきりとした甘さのフレーバーは欲しい」といった方などの様々なニーズに応えられた、ちょっと特別感のあるほんのり甘いドリンクです。

「コールドブリュー クリームフロート」の特徴

「コールドブリュー クリームフロート バレンシア」は、爽やかな柑橘類を思わせる甘さで人気のバレンシアシロップがプラスされています。

「コールドブリュー クリームフロートヘーゼルナッツ」は、香ばしいナッツの風味が特長のヘーゼルナッツシロップで甘みが加えられています。

どちらにも最後にはきらりと光るコーヒーシュガーが振りかけられています。食感のアクセントになるだけでなく、そのきらめきもまた気分を上げさせてくれるドリンクです。

2タイプのアイスコーヒーも登場

アイスコーヒー

通常スターバックスの店舗で提供されているアイスコーヒー。お湯で抽出した後に急冷の工程を踏むことで、風味がぎゅっと凝縮され、切れの良さやが特長です。店舗や、その日によって提供される豆の種類は異なります。
1 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう