ぷるつる「水餃子」の基本レシピ&アレンジ20選!スープにも鍋にも◎

つるっと口に入って、「ハフハフ」とおいしい水餃子。今回は、水餃子の基本の作り方や、水餃子を使った人気のレシピをご紹介します。スープやお鍋などで温まったり、具材をアレンジして簡単に普段と違う味を楽しんだり……もっと水餃子を好きになれるはず!

2018年10月24日 更新

3.絶品コチュだれ

こちらはコチュジャンを使用した、赤みのあるタレのレシピです。コチュジャン、醤油、お酢、ごま油を混ぜるだけで完成!コチュジャンの辛味がよい刺激となって、餃子をたくさん食べることができそう。ちょっと変わったこちらの「赤い」タレを、ぜひ試してみてくださいね。

水餃子を冷凍するには?

水餃子を冷凍する場合は、具を皮で包んだ状態で保存します。餃子をお互いにくっつかないようにラップを敷いたバットの上に置き、冷凍庫に入れて固めましょう。固まったら密閉袋などに入れかえて、冷凍庫で保存しておきます。こうすることで、餃子をひとつずつ取り出すことができる状態になります。

使うときは、水餃子としても、焼き餃子としても活用できますよ!ぜひ、いろいろなレシピに使ってみてくださいね。
▼冷凍保存に便利なグッズ発見!

水餃子は魅力に溢れてる!

今回は、水餃子の基本の作り方からアレンジレシピまで、さまざまなものをご紹介しました。水餃子は焼き餃子よりもさっぱりと楽しむことができるので、今まで焼き餃子中心だったという方は、この機会にぜひ試してみてくださいね。

水餃子は具材によっても味わいが変化するので、今回ご紹介したレシピを参考に、自分でいろいろな具材をためしてみるのも面白いかも。皮で包む工程をご家族やお友達と一緒に楽しむなど、餃子作りには魅力がたっぷり!ぜひ、一度トライしてみてくださいね。
▼こちらの餃子レシピもチェック!
7 / 7

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう