15. コンソメスープで。ほうれん草とトマトのスープ餃子

水餃子のスープというと中華のイメージが強いですが、洋風スープに入れても合いますよ。こちらはコンソメスープに入れる、ほうれん草とトマトのスープ餃子です。しかもこちらのレシピはスチームケースを使って、電子レンジで作るのでとてもお手軽!もちろんお鍋を使っても作れますよ。

16. 和風味がほっとする。追いがつおつゆの水餃子スープ

こちらは和風だしのスープに入れる水餃子スープです。しかも市販のだし調味料を使うので、味付けもこれだけで簡単に作れますよ。かつおの風味がじんわり広がるやさしい味わいで、和風だしでも合うんだと思えるひと品。辛さはお好みでラー油や唐辛子を加えてみて。

17. 2種類の餃子を楽しむ。餃子鍋

餃子を鍋に入れるのも、冬のお鍋の定番になりましたね。こちらはむきえびと鶏ひき肉を使う餃子と、豚ひき肉で作る餃子を2種類お鍋に入れています。特にだし汁は使わないので、ポン酢やラー油であつあつのところをいただきましょう。寒い冬の時期には、体もお部屋も温まりますね。

18. シャキッとした食感にチーズがとろり。ユニークな豆苗餃子鍋

Photo by macaroni

こちらの餃子鍋は変わり水餃子を使うユニークなレシピ。餃子の皮に豆苗、生ハム、チーズを巻いて、白菜や豚バラ肉と一緒に鶏ガラスープで煮ます。水餃子を食べると、豆苗がシャキッとした食感でチーズがとろり。いつものお鍋の具材として、こんな水餃子を加えてみるのもいいですね。

余った水餃子は冷凍保存できる?

たくさん作ってしまって食べきれなかったり、あらかじめ餃子を作っておいたりすることありますよね。タネを餃子の皮で包んだら、冷凍して保存するのをおすすめします。アルミ製のバットなどにのせて凍らせたら、保存袋に入れて保存するのがよいでしょう。

冷蔵保存するとタネから水分が出てきてしまい、皮がふやけてしまいます。1日ほどしか保存することができないので、気を付けてくださいね。

食べるときの解凍方法

冷凍した餃子の解凍方法はとても簡単。食べたいときに凍ったままゆでたりスープに入れたりすればOKですよ。ゆで具合は普通の餃子と同じです。また解凍してからゆでると、タネから水分が出てきてしまうので注意しましょう。

特集

FEATURE CONTENTS