新食感の生どら焼き専門店!東武池袋駅に「DOU」OPEN

池袋に、BAKE初となる和菓子ブランドの生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」がオープン。できたてのおいしさへのこだわりを日本伝統の和菓子に掛け合わせた、新しい形のどら焼きを楽しめます。商品だけでなく、パッケージや店舗の空間にもこだわりが♩

BAKE初の和菓子ブランド!「DOU」が東武池袋駅にOPEN

BAKEから、初となる和菓子ブランド生どら焼き専門店「DOU(ドウ)」の1号店が、2017年5月25日(木)より東武池袋駅構内にオープン。素材からパッケージまでこだわりいっぱいのどら焼きが販売されています。

新しい形のどら焼き

1個324円(税込) ※購入点数はお1人様4個まで

1個324円(税込) ※購入点数はお1人様4個まで

BAKEが今まで洋菓子ブランドとして培ってきた技術、経験、できたてのおいしさへのこだわりを日本伝統の和菓子に掛け合わせた、新しい形のどら焼き。そのこだわりを紹介します。

どら焼きなのに、かるい

どら焼きでは珍しく、別立て製法で作ったふんわり生地を店頭の湿温蔵庫で蒸し、しっとりと上品な口あたりに仕上げられています。和菓子の定番「どら焼き」にスポンジケーキの食感が取り入れられた、まったく新しい生どら焼きです。

どら焼きなのに、ぜいたく

・粒あん:大粒で紅い光沢が鮮やかな北海道十勝産の最高級小豆「雅(みやび)」を使用。小豆の粒立ちと香りを残すために少量ずつ丁寧に焚き上げて作る粒あんは上品な甘さが特徴です。

・生クリーム:北海道産の牛乳を使用。脂肪分35度の生クリームは食べ応えが軽く、すっきりとした後味です。

・求肥:北海道で栽培される「はくちょうもち」という雪のように真っ白な見た目が特徴のもち米を使用。シロップなどの材料と混ぜて手作りしているため、もちもち食感を楽しめます。

どら焼きなのに、はなやか

おいしさだけでなく、その佇まいや世界観にもこだわり、誰かと会うときに、誰かに渡すときに、会話が弾むような体験を演出してくれます。

こだわり抜かれたデザイン

商品だけでなく、店舗の空間デザイン、袋、箱にもこだわられています。

空間デザイン:鈴木文貴(やぐゆぐ道具店)

銅色鏡面の特殊金属を纏った壁面。そこへ周囲の物や歩く人々がフワフワと映り込みます。狙いは日常の風景や意識がDOUの世界へ溶け込んでいくことだそうです。

銅の色を帯び不思議に反射する景色、厨房内へフォーカスするガラス窓、のれんの記憶を呼びおこす光り。それらは視点や感覚の変化を楽しむことができる、カタチや様式に捉われない、新しい体験を目指した空間になっています。

Art director:河西宏尚(BAKE inc.)

「和と洋の共鳴」をコンセプトに和菓子の器に敷かれる懐紙、折型からインスピレーション受け、袋、箱にもこだわられています。

日本伝統の心遣い、精神性を継承しながらも、和菓子にはめずらしい銅から派生する「エメラルドグリーン」と「ピンクベージュ」のグラデーションデザインを掛け合わせることで、今までにない新しい「生どら焼き」を提供したいという想いとお菓子の進化が表されています。

店舗概要

生どら焼き専門店「DOU」池袋店
オープン:2017年5月25日(木)
所在地:〒170-0014東京都豊島区西池袋1-1-21東武池袋駅構内店舗
営業時間:10:00〜22:00
TEL:03-5955-5380
公式サイト:https://namadorayaki.com/

特集

SPECIAL CONTENTS

WRITER

macaroni_press

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう