おにぎり3つを合体!「かえる弁当」で梅雨のランチもケロッと楽しく

SNS映えするカラフルでかわいいお弁当、毎回アイデアを考えるのも大変ですよね。そこで、今回は梅雨の時期に作りたくなる「かえる弁当」の作り方をご紹介します!季節感たっぷりの簡単レシピで、ジメジメした梅雨を楽しく乗り切りましょう。

2018年12月3日 更新

かえるの合唱が聞こえてきそうなお弁当♩

梅雨の時期といえば、みなさんは何を思い浮かべますか?雨の降る季節になるとよく見かける“かえる”を想像する方も多いのではないでしょうか。

そんな梅雨の代名詞ともいえる“かえる”をかたどった「かえる弁当」は、季節感があってとってもキュートなんです!今回は、ジメジメした気分の乗らない日に癒しをくれる「かえる弁当」についてご紹介します。

ケロケロ♩かえる弁当ってなに?

かえる弁当とは、おにぎりやおかずなどの具材をカエルの形に見立てた梅雨の時期にぴったりなお弁当のこと。かえるに見立てるには、かわいい目や口をつけることがポイントです♩のりを切り取った目や口をつけることで、表情の豊かなカエルを作ることができます。

梅雨の時期に作る人続出!

梅雨の時期は、かえる弁当を作る人が続出します!かわいい表情のかえるが入ったお弁当は愛嬌たっぷりなので、子どもたちも喜ぶこと間違いなし♩雨が続くとどんよりした気分になりがちですが、カラフルで華やかなお弁当を見るとあたたかい気持ちになれますよね。
かえるのおにぎりだけでなく、お野菜やかまぼこなどを使って作ったアジサイも一緒に入った梅雨にぴったりのお弁当です。つまようじとテープで作った傘のピックも素敵なワンポイントになっています。季節に合わせたお弁当は、思わずSNSに載せたくなるほどかわいいですよね。動物好きのお子さまをもつママも、楽しくお弁当作りができそうです。
お弁当箱を開けたときのカラフルで華やかな印象を作るには、中身の色合いが大切なんだそうです。お野菜やお肉などの食材で色味をプラスするのはもちろんですが、手軽に色を加えたいときにおすすめなのが『お弁当ピック』です。お花や乗り物、動物などさまざまな形やカラーのものがあるので、その日のテーマに合わせて使い分けるとより統一感のあるオシャレなお弁当がつくれますよ。

とっても簡単!かえる弁当の作り方

愛嬌たっぷりのかえる弁当ですが、作り方はとっても簡単♩用意するものは、あたたかいご飯と青のり、そして焼きのりの3つだけなんです!

あたたかいご飯で大きめのボール型1つ、小さめのボール型2つのおにぎりを作ります。できたおにぎりに青のりをまんべんなくまぶし、かえるの形になるようにお弁当箱に入れ、最後に焼きのりを目や鼻、口の形に切り取って飾りつければ完成です。

かえる弁当に欠かせない緑色のおにぎりは、青のりだけでなくふりかけや冷凍枝豆を解凍してすりつぶしたものなどで代用することもできます。
1 / 2

特集

SPECIAL CONTENTS