ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

シンプルな白和えは、旬の食材を取り入れると新鮮な気持ちで楽しめる料理。今回は、旬の筍にセロリを合わせて食感のよい一品に仕上げました。塩昆布を使うので、味付けも簡単。ほんの少し加える味噌がおいしさのポイントです♩

味噌×塩昆布で旨味たっぷりの白和え

和食の基本として押さえておきたい白和え。スタンダードなほうれん草と人参、菜の花、柿……、豆腐のくせのなさを生かし、旬の食材を合わせられるのが白和えのいいところですね!保温の必要がないので、作り置きできるのも特長です。

本来、作るときにはダシ汁やくるみを入れて味に深みを出しますが、今回はダシ汁不要の味噌と塩昆布を入れるだけのお手軽レシピをご紹介!お豆腐も電子レンジで水切りするので、あっという間にできちゃいますよ。

今回は旬の筍にセロリを合わせ、歯ごたえのよい一品に仕上げました。日本酒や焼酎と一緒に、ゆっくり晩酌を楽しんでくださいね。

和えるだけ♪『筍とセロリの白和え』の作り方

分量(4人分)

セロリ(茎の部分) 15〜20cm
水煮たけのこ 100g
木綿豆腐 1/2丁
白味噌 10g
塩昆布 10g

作り方

①セロリは細めに斜め切りする。
②筍は食べやすいように切る。
生の筍をアク抜きした場合は、そのまま使用してOKです。市販の水煮を使う場合は、臭みが強いので一度さっと湯がいてザルに開けましょう。
③豆腐はキッチンペーパーで包み、600Wの電子レンジで1分半加熱して水切りをする。
④豆腐に味噌を加え、スプーンの背で豆腐を崩しながら混ぜ合わせる。
⑤セロリと筍、塩昆布を加えてよく和える。

器によそってできあがり!

できあがったらすぐに食べてOKですが、少し冷蔵庫で置いて、塩昆布が馴染んでからが食べごろ。少し冷やすことで、筍のしゃっきりとした食感も際立ちます。

筍とセロリ、2種類の歯応えが楽しめます。主張の強い野菜を、優しい味わいの豆腐がまとめてくれます。

「せっかく作ったのに、水っぽくなっておいしくない……」とがっかりした経験がある方も、ダシ汁を使わず、水気の出にくい野菜を使うこのレシピなら大丈夫!

味噌と塩昆布を組み合わせることで、出汁がなくても旨味豊かな味わいになります。味が食べ終わる最後まで、安定しています。

上品な味付けなので、フルーティーな香りの日本酒や焼酎を合わせてどうぞ!甘みを入れていないので、お酒はお米の甘みがあるものを選ぶと味のバランスがいいですよ♩

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

おつまみ

少し肌寒さを感じる季節にぴったりな、秋ナスと長ネギを使った焼きマリネをご紹介!あらかじめ加熱してからマリネにすることで、とろんと甘くやわらかい食感が楽しめます。お酢を使って保存性が高くなっているので、常備菜に…

おつまみ スープ

肌寒い季節に食べたい、ほっと温まるワンタンスープはいかが?タネをこねることなく、手軽にワンタンが作れちゃうんです♩スープの具材はおろし玉ねぎを使うと、甘くてとろける食感に。食べごたえバツグンで、ビールや日本酒…

缶詰 さんま フレンチ おつまみ

今回は、洋風おつまみ「さんまのあん肝巻き」をご紹介します。秋が旬のさんまは、塩焼きや蒲焼きなどの和食に偏りがち。たまには洋風にアレンジしてみませんか?フォアグラの代わりにあん肝の缶詰を使って、食べてびっくりな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ レシピ アレンジレシピ

レシピブログでも人気の「ヤミー」さんの、お酒と一緒に食べたいレシピをまとめました。おやつになりそうなおつまみから、ビールなどを飲みながら夕食として食べたいメニューまで10選しています♪

レシピ 和食 まとめ

炊きたてのホカホカご飯に合うおかずと言えば、やっぱり「和」のメニューが1番。人気の和食サイト『白ご飯.com』から、ご飯と相性バッチリの美味しい「和おかず」をピックアップしました!サクッとマスターして、料理の…

レシピ まとめ

料理を簡単、格別においしくする調味料「焼き肉のたれ」。今回は焼き肉のたれを使った人気レシピを、和洋中のジャンル別にご紹介します。自家製「焼き肉のたれ」の作り方や保存方法を載せているので、ぜひ試してみてください…

ピクルス レシピ まとめ

ピクルスとは、キュウリなど野菜を酢・砂糖などからなる漬け液に漬けて乳酸発酵させたもの。最近では日本でもお馴染みですよね。今回は、浅漬け風やしっかり漬けなど、ご自宅でもお手軽に作れちゃうレシピを集めてみました。

トースト サラダ まとめ レシピ

トーストとサラダの組み合わせが、密かに話題上昇中です♪前日の残りのサラダでももちろんOK!いつものトーストが栄養満点のボリュームプレートに早変わり!?野菜もお肉も一気にのせて、ガブッと食べちゃいましょう☆

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

レシピ

緑茶は和食や和菓子にしか合わないと思っていませんか?濃厚なうまみの「キリン 生茶」なら、日本の料理だけでなく世界のさまざまな料理ともぴったり合うんです!今回は、生茶とチーズ料理のマリアージュをご紹介します♩

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/

ページTOPに戻る