「#冷やし中華はじめました」で見つけた、おしゃれになる冷やし中華アレンジ5点

夏になるとやっぱり食べたくなる冷やし中華。でも意外に冷やし中華の盛り付けって難しいと思いませんか?ちょっとの工夫でおしゃれになるなら知りたい!「#冷やし中華はじめました」で見つけたアレンジをご紹介します。

冷やし中華の盛り付けって、意外に難しい……!

冷やし中華は作るのは簡単だけれど、盛り付けが難しいなと思うことがあります。べちゃっとなってしまったり、乗せる具材の量が適切でないような気がしたり。

私が盛り付けをするときに気をつけているポイントは以下3点。
・盛り付けはこんもり山盛りに、ボリュームを持たせる
・具材は赤、黄色、緑などバランス良く選ぶ
・同じ色が隣り合わせにならないように配置する
盛り付けの基本の「き」ですね。もっと手っ取り早くおしゃれになる方法が知りたい!
インスタグラムでも気温の上昇とともに、 #冷やし中華はじめました の投稿数も増えてきます。その中で見つけた5つのポイントをチェックしてみましょう。

【1】卵は大胆に!

冷やし中華と言えば、繊細な錦糸卵をイメージしますが、あんなに綺麗に作る自信ない、という人も多いはず。そんな時はゆで卵です。
あえて大胆に、半分にカットしたゆで卵を乗せてあげると色も映えてとっても綺麗ですよ。ゆで卵の下に、大葉をしくだけでも黄色と緑のコントラストがさらによく見えます。

【2】きゅうりはピーラーでリボンに

りゅうりのリボンはデリスタグラマーに人気のアレンジ。冷やし中華でもやってみましょう。お皿の中に、曲線が生まれて立体的になりますね。
見た目が良いことはもちろんのこと、きゅうりを千切りするよりもピーラーでリボンにする方が断然楽なんです。私は千切りに時間がかかってしまうので、これはすぐにでも真似しようと思ったアレンジの1つです。

【3】トマトはおしゃれに飾れる!

トマトとネギだけのシンプルな冷やし中華がおしゃれすぎる!トマトとミニトマト、2種類のトマトを使うだけのに、まるでパスタの様な小洒落た雰囲気の一皿に。
ここ最近スーパーでも手に入るようになったカラフルトマトを使って盛り付け。これもとても簡単ですぐできちゃうアレンジ。冷やし中華にもカラフルトマトをのせるだけで彩りを与えてくれます。丸ごとではなくカットして断面を見せると綺麗ですね。

【4】季節の野菜を取り入れてみて

定番の冷やし中華の具材もいいですが、夏らしい野菜を取り入れるとぐっとおしゃれになりますよ。
アスパラやししとうは緑が綺麗なのでおすすめです。茹でたものや素揚げしたものを、シンプルに山に立てかけるように盛り付けましょう。
スナップエンドウは中を見せると、お皿の中に変化が生まれて面白いですよ。食感も楽しんでみてください。

特集一覧

SPECIAL CONTENTS