ひんやりクリーミー♩爽のジンジャーエール味×ビールで極上シャンディガフ!

ビールとジンジャエールを組み合わせた「シャンディガフ」という飲み物をご存知でしょうか?ビールの苦味が苦手という方にも人気のビアカクテルです。そのカクテルがアイスの「爽」で簡単に再現できるとツイッターで話題です。作り方を調べてみました。

爽の新作とビールでシャンディガフ!?

爽シャンディガフの写真

Photo by macaroni

ロッテの「爽」と言えば、微細氷入りの独特の食感が魅力でファンも多いカップアイスですね。2017年4月10日に発売された『爽 ジンジャーエール味(辛口)』は、ジンジャーの辛み成分と香りを組み合わせて"アイスなのに辛口" な、ちょっと大人のアイスです。

シャリッとした食感とさっぱりとした後味という「爽」ならではの特徴を活かし、食べ進めるうちに辛味が効いてくる仕上がりになっています。さらにジンジャエール味のラムネでピリピリした刺激感を加えているそうですよ。
そして、これをビールに入れるとしゃりしゃりでおいしいシャンディガフができるとツイッターで人気を集めています。いま話題の『爽 ジンジャーエール味(辛口)』で作るシャンディガフをご紹介します。

爽のジンジャーエール味×ビールが話題

「シャンディガフ」とはイギリスのパブではポピュラーなビアカクテルで、昔はジンジャービアとエールで作っていたとのことです。ビールが苦手な人にもオススメなドリンクなので、日本でも最近は女性を中心にオーダーする方が増えています。

その「シャンディガフ」がビールと「爽 ジンジャーエール味」とのコラボで手軽に作れると、ツイッターで話題になっているんです。
「ビール苦手だけど試してみたくなった」「中にシュワシュワのラムネがあって沈殿するから、スプーン必須!」「よく見たらグラスの底に白い粒がある。シュワシュワした~い」など涼し気な見た目とその食感にリピーター続出のようです。
ツイッターにも「飲んでみたい」「作ってみたい」とのコメントがたくさん投稿されています。わざわざこれをやるためにスーパーに足を運んだという声も。

爽で作るシャンディガフの作り方

ビールと爽の写真

Photo by macaroni

実際、どんな味か気になりますね。それでは「爽」で作るシャンディガフの作り方をご紹介しましょう。

材料

・お好みのビール 1本(350ml)
・ロッテ「爽 ジンジャーエール味(辛口)」
・冷やした大きめのグラス

作り方

1. 作り始める前にしっかりグラスを冷やしておきましょう。このひと手間でシャリシャリとした食感がさらに際立ちます。
爽をグラスに入れた写真

Photo by macaroni

2. 少しやわらかくなったアイス半分を大きめのグラスに入れ、そこにお好みの量のビールをそっと注ぎ入れれば、シャンディガフの完成!
爽シャンディガフのラムネ

Photo by macaroni

特集

SPECIAL CONTENTS