調理済のかぼちゃを冷凍保存する方法

調理済みのかぼちゃは、解凍したらそのまま食べられて便利です。忙しい方の作り置きや、お弁当のひと品にぴったり。下味を付けてから冷凍すると、冷凍時に細胞が壊れる際、浸透圧の関係で中まで味が入るので、味が染み込みやすいです。調味料を多少減らしても、しっかりと味を感じることができるため、減塩中の方におすすめの方法ですよ。

冷凍の仕方

煮物や炒め物など、調理したかぼちゃも冷凍保存することができます。調理済みのかぼちゃを小分けにして、ぴったりと空気を抜くようにラップで包みます。

お弁当用のおかずとして使う場合は、あらかじめカップに入れて冷凍するのがおすすめ。凍ったままお弁当箱に詰めておくと、食べるころには自然に解凍されているので、時間のない朝にはとても便利。夕飯であとひと品足りないな、というときにレンジで加熱して、サッと食卓に出すこともできます。

保存期間

調理して冷凍したかぼちゃの場合、約1カ月間保存が可能です。なるべく早めに食べるようにしましょう。

冷凍かぼちゃの解凍方法

実はかぼちゃの解凍方法にも、調理方法によってコツがあります。解凍してから調理をしたほうがよいものと、解凍せずにそのまま調理をしたほうがよいものがあるので、用途ごとにご説明します。

なお、一度解凍したあとは、再冷凍せずに必ず使い切りましょう。一度解凍すると細菌が増えてしまうので、再冷凍はせずに、できるだけ早く食べ切るのが一番です。

煮物に使う場合

煮物に使う場合は、解凍せずに凍った状態でそのまま使うことができます。スープやみそ汁のように汁ごと食べるものは、解凍する必要がありません。生のかぼちゃ、加熱したかぼちゃ、いずれもそのままお鍋に入れて調理しましょう。

炒め物に使う場合

基本的には、解凍してから使いましょう。薄くスライスしたものならば、火が通りやすいので解凍せずに調理してもOK。電子レンジ500Wで、100gあたり約1分を目安に解凍してください。厚めに切ったものは加熱に時間がかかるので、炒める前に解凍するのをおすすめします。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ