春巻きで簡単カブトも♪ こどもの日を盛り上げるレシピ15選

5月5日は子供の健康を祈願する「こどもの日」です。GW中に家族でお出かけできる予定がたったら、ぜひ子供がよろこぶ特別なお弁当をつくって持って行きませんか?今回は、金太郎やこいのぼりをモチーフにしたおすすめメニューと作り方をご紹介いたします。

2018年11月27日 更新

子どもの日のお祝いレシピ♪

GWの終わり頃、5月5日は祝日「こどもの日」ですね。こどもの日は、子どもの健やかな健康と成長を祈る日本の伝統的な行事です。こどもの日に飾るこいのぼりには、"鯉の滝登り"から「力強い立派な子供に育つように」という願いが込められているんですよ。

近年では、"こいのぼりやかぶとを飾れなくてもこどもの日を祝えるように"と、こどもの日にちなんだお料理レシピがたくさん誕生しているんです。そこで今回は、GWのお出かけにもピッタリなこどもの日のレシピをご紹介いたします。

子供の日といえばこれ!「こいのぼり」がモチーフのレシピ

1. こいのぼりおにぎり

いつものおにぎりにちょっとアレンジをするだけでつくれる「こいのぼりおにぎり」はこどもの日のお弁当にピッタリ!切り込みをいれたのりを巻いて目をつけるだけでかわいいこいのぼりが完成します。小さめのおにぎりを串に刺してのぼり風に並べてもかわいいんですよ♪

2. スパムこいのぼり

のりをスパムにアレンジしてつくる方法もあります。ボリュームがあるので、食べ盛りの男の子もしっかりよろこんでくれそうですね。おにぎり型にせずごはんの上にのせるだけでできちゃうので、時間がない朝にもおすすめです。

3. ウインナー&スナップエンドウこいのぼり

ミニサイズのウインナーとスナップエンドウをカットするだけでかわいいこいのぼりが作れます。切れ目を入れてうろこを表現してもいいですし、縦にカットした半円状のストローをさしてうろこをつくる方法もありますよ。
1 / 5

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

茂山 夏子

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう